ラーメン砂漠地帯の義烏でラーメンを食べる・・・の巻!

ラーメン好きにとって、義烏は砂漠地帯だ。

私などは、無性に味千ラーメンが食べたくなって杭州まで行くくらいである。
あの九州風の豚骨スープがたまらない。
義烏と上海は新幹線で1時間だが、その価値は十分にある。

さて、そんなラーメン砂漠地帯の義烏で食べるラーメンとはどんなものか。


一般的なラーメン屋はこんな感じに、壁一面にメニューが並ぶ。
最初にレジで注文してから着席する。

日本人なら写真がなくても漢字のイメージで選べるが、
欧米人だとお手上げだ…

もちろんお店のお姉さんたちは中国語しか話せない。
イッツ ビーフ or ポーク?、程度すら、通じない。

一番左上の大排面は、チャーシュー麺みたいなもんだ。


肉絲面 8元

ロースーミィェン的に言うと出てくる。 
肉絲(ロース)とは、チンジャオロースのロースで、肉の細切れのことだ。
消化も良いので、基本的には私はいつもこれ。

たまにチーズのような香りの?発酵しかかった肉が出ることもあるが、
胃腸的にはなんとかセーフ。


三鮮面 20元

サンシェンミィェン的に言うと出てくる。
海鮮が3種入っているので、三鮮面。結構豪華。
スープもシーフード的で、なかなか美味だ。

ラーメン屋は、街を歩くと「面」とか「麺」という看板を掲げており、
町中どこにでもある。

小腹が空いたらラーメン、という生活は、
東京でも義烏でも変わらないなー。

6,000人が読んでいる、成功思考が身につくメルマガ(無料)

偏差値35、時給800円のフリーターだった佐藤大介が、なぜ年収1億円を達成して自由な人生を手に入れられたのか。

このブログでは私がこれまで稼いできた方法はもちろんのこと、今現在手がけているビジネス、生活の質を上げるテクニック、日常の気付きを、無料でどんどんシェアしていますが、その最新情報をピックアップして週1回お届けするのがこのメルマガです。

ここから人生のヒントを得て、あなたも私と同じように、素晴らしい人生を手に入れてください。

今なら受講料トータル49,600円で開催したセミナーの録画ビデオ(ノーカット版)を無料でプレゼント中。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。