ラーメン砂漠地帯の義烏でラーメンを食べる・・・の巻!

ラーメン好きにとって、義烏は砂漠地帯だ。

私などは、無性に味千ラーメンが食べたくなって杭州まで行くくらいである。
あの九州風の豚骨スープがたまらない。
義烏と上海は新幹線で1時間だが、その価値は十分にある。

さて、そんなラーメン砂漠地帯の義烏で食べるラーメンとはどんなものか。


一般的なラーメン屋はこんな感じに、壁一面にメニューが並ぶ。
最初にレジで注文してから着席する。

日本人なら写真がなくても漢字のイメージで選べるが、
欧米人だとお手上げだ…

もちろんお店のお姉さんたちは中国語しか話せない。
イッツ ビーフ or ポーク?、程度すら、通じない。

一番左上の大排面は、チャーシュー麺みたいなもんだ。


肉絲面 8元

ロースーミィェン的に言うと出てくる。 
肉絲(ロース)とは、チンジャオロースのロースで、肉の細切れのことだ。
消化も良いので、基本的には私はいつもこれ。

たまにチーズのような香りの?発酵しかかった肉が出ることもあるが、
胃腸的にはなんとかセーフ。


三鮮面 20元

サンシェンミィェン的に言うと出てくる。
海鮮が3種入っているので、三鮮面。結構豪華。
スープもシーフード的で、なかなか美味だ。

ラーメン屋は、街を歩くと「面」とか「麺」という看板を掲げており、
町中どこにでもある。

小腹が空いたらラーメン、という生活は、
東京でも義烏でも変わらないなー。

【無料動画】年収1億円になったターニングポイントとは?


年収1億円になると選択肢が増え、
この現代社会ではとても生きやすくなります。

たとえば私も、
「値札を見ずに、欲しい物は即買いする」
「思い立った好きなときに世界を旅する」
「世界中に飲み友女子をつくる」
「女子高生と結婚する」
「世界各国でタワーマンションを所有する」
など、数々の夢を叶えてきました。

しかし私の学生時代は偏差値35、当然Fラン大学卒です。
なんとかして入れた会社では干され、25歳で時給800円のフリーターに転落。
サラ金から200万円の借金があり、残飯に手を伸ばしたことも・・・

そんな絶望的で惨めな人生を送っていた私が、
どうして年収1億円を達成できたのか。

その【ターニングポイント】を、すべてお伝えします。
ちなみに、寝ながら稼げる、ラクして稼げる系の話ではありませんので、その辺を期待している方はガッカリするので見ないほうがいいです。

学びがたくさん!怒涛の120分間!!(無料)

  

しかし、正攻法で成功したい方はぜひご覧ください。
私の半生から人生のヒントを得て、あなたも私と同じように、素晴らしい人生を手に入れて欲しいと思っています。


今すぐ無料動画を受け取ってください

限定公開動画のため、メールアドレス宛に動画URLをお送りします。期間も限定のため、今を逃すと視聴できない可能性があります。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。