ラーメン砂漠地帯の義烏でラーメンを食べる・・・の巻!

ラーメン好きにとって、義烏は砂漠地帯だ。

私などは、無性に味千ラーメンが食べたくなって杭州まで行くくらいである。
あの九州風の豚骨スープがたまらない。
義烏と上海は新幹線で1時間だが、その価値は十分にある。

さて、そんなラーメン砂漠地帯の義烏で食べるラーメンとはどんなものか。


一般的なラーメン屋はこんな感じに、壁一面にメニューが並ぶ。
最初にレジで注文してから着席する。

日本人なら写真がなくても漢字のイメージで選べるが、
欧米人だとお手上げだ…

もちろんお店のお姉さんたちは中国語しか話せない。
イッツ ビーフ or ポーク?、程度すら、通じない。

一番左上の大排面は、チャーシュー麺みたいなもんだ。


肉絲面 8元

ロースーミィェン的に言うと出てくる。 
肉絲(ロース)とは、チンジャオロースのロースで、肉の細切れのことだ。
消化も良いので、基本的には私はいつもこれ。

たまにチーズのような香りの?発酵しかかった肉が出ることもあるが、
胃腸的にはなんとかセーフ。


三鮮面 20元

サンシェンミィェン的に言うと出てくる。
海鮮が3種入っているので、三鮮面。結構豪華。
スープもシーフード的で、なかなか美味だ。

ラーメン屋は、街を歩くと「面」とか「麺」という看板を掲げており、
町中どこにでもある。

小腹が空いたらラーメン、という生活は、
東京でも義烏でも変わらないなー。

ビジネスの相談について、佐藤が無料で回答します

様々な相談に佐藤が無料で回答する人気コンテンツ「みんなの質問に答えるよ」では、常時相談・質問を募集しております。

お答えできる私の専門分野は
・中国輸入ビジネス、仕入れやOEMについて
・インターネット物販、越境ECについて
・その他ブログでシェアしている内容
ですが、その他の質問でもOKです。

●回答はこちらのブログで行います。
●ブログは私が好きな時に更新していますので、回答まで数週間お待ち頂くこともあります。
●なお、完全に専門分野外の場合はスルーしますのであしからずご了承ください。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。