税金をしっかり払ってこそ、成長し続けられる

納税は日本国民の義務。
香港やシンガポールで会社やってると、脱税指南とか、怪しげな投資とか、海外口座にカネ隠しましょう!とか、パナマ文書的な話をしてくる人が多い。本当辟易。

稼いだら、納税。
隠す必要もないので度々言ってますが、私は日本と中国で各2社、香港、シンガポールで各1社、合計6社経営しています。

日本で上げた利益は、日本で納税。
中国なら中国に、香港なら香港に。そこでビジネスをさせてもらってる以上、それぞれの現地社会に貢献すべきです。

当たり前のことですが、この当たり前のことができない人が多い。脱税するような人間が、社員さんやお客様を幸せにできますか。
私は社長が経費を使いまくって利益を減らすのも良くないと思うので、お客様との飲み代は自腹、飛行機はLCC、出張で泊まるのは専らゲストハウスやカプセルホテルです。

プライベートではお金使いますが…
舛添要一もびっくりの豪華海外旅行を会社の経費で落とす人も見てきましたが、それじゃ社員さん付いてこないよ。

利益の1/3は社員のボーナス、1/3は納税資金、残りの1/3が株主(自分)の取り分。私の経営はそんな感じにしてから安定して成長するようになりました。

自分の取り分1/3が多いか少ないかは意見が分かれると思いますが、赤字の時もボーナスは準備しないといけないし、私もリスク背負ってアジア各地でビジネスしてるのでそれなりには頂きたい。

まぁ、その後は全部、奥さんのところに行くんですがw

 

 

ビジネスの相談について、佐藤が無料で回答します

様々な相談に佐藤が無料で回答する人気コンテンツ「みんなの質問に答えるよ」では、常時相談・質問を募集しております。

お答えできる私の専門分野は
・中国輸入ビジネス、仕入れやOEMについて
・インターネット物販、越境ECについて
・その他ブログでシェアしている内容
ですが、その他の質問でもOKです。

●回答はこちらのブログで行います。
●ブログは私が好きな時に更新していますので、回答まで数週間お待ち頂くこともあります。
●なお、完全に専門分野外の場合はスルーしますのであしからずご了承ください。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。