義烏で日式カレーを食べる・・・の巻!

義烏は世界中から人が集まる割には、
日本食レストランが数えるほどしかない。

あっても居酒屋タイプが殆どという状況のなか、
貴重な”おひとりさま”向けの店が出来たので、突撃した。



店名は「水寿司」。
表看板に「新鮮の味」という怪しい日本語が出ているとおり、
どう考えても経営者は日本人ではなかろう。

ワサビの代わりにマスタード的な、
なんちゃって和食だったらどうすんべ。

店名にあるように、基本的にはSUSHI-BARのようだ。
写真のカリフォルニア巻(加州巻)は2個で16元。

・・・下から四番目の「520巻」ってなんだべ?
店の女の子に聞いたら赤面して
“520”=”我爱你”(語呂合わせ)だから恋人が2人で云々...
いや、だからどんな寿司だ?

ちなみに御飯モノは、4つしかなかった。

 1.ビーフカレーライス
 2.ビーフカレーうどん
 3.うな丼
 4.あさり味噌汁

というわけで、カレーライス20元。
日本でも中華料理ばかり食べているというのに、
義烏まで来てカレーを食べるというのも不思議なものだ。

味は普通。
レトルトではなかったのでヨシ、ってレベル。

せっかくの寿司バーなので、サーモン握り(2貫で10元)を注文。
鮮度に不安があったが、回転寿司よりはうまかった。

こんな感じで店内は非常に狭いが、
一応奥には4人掛けのテーブル席が2セットあるので
グループでもOK。

店員の女の子のうち1人は、カタコトの日本語が出来る模様。

<お店の紹介>
 「水寿司」
 場所:香港城一街 8号
 行き方:  工人北路と香港城一街の交差点(YIHEホテルのある交差点)から香港城一街に曲がって徒歩30秒。 
 メニュー:カレーライス20元、寿司各種(2貫8~12元)、
       刺身3点盛り38元、5点盛り58元
       青島ビール8元、日本酒1燗18元
 サービス料:無し

6,000人が読んでいる、成功思考が身につくメルマガ(無料)

偏差値35、時給800円のフリーターだった佐藤大介が、なぜ年収1億円を達成して自由な人生を手に入れられたのか。

このブログでは私がこれまで稼いできた方法はもちろんのこと、今現在手がけているビジネス、生活の質を上げるテクニック、日常の気付きを、無料でどんどんシェアしていますが、その最新情報をピックアップして週1回お届けするのがこのメルマガです。

ここから人生のヒントを得て、あなたも私と同じように、素晴らしい人生を手に入れてください。

今なら受講料トータル49,600円で開催したセミナーの録画ビデオ(ノーカット版)を無料でプレゼント中。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。