絵が描けなくても漫画が描ける?! あの「コミPo!」を使ってみました

今や50万人以上を動員する大イベントとなった「コミックマーケット」
いわゆるコミケ。同人誌即売会の代表格です。
私が始めていったときは1日10万人の来場者数で、
それでもオラが町の3倍以上来てるっぺよ~なんて思いながら参加していました。
私の故郷は、今や合併されてしまいましたが、埼玉県北葛飾郡「庄和町」と言います。人口3万人くらいです。
今はクレヨンしんちゃんの春日部市と結婚しました。

そんな私ですが、致命的な弱点があります。
それは絵が描けないこと。
同人誌って、まぁ漫画に限らなくても活動内容は色々ありますが
何と言ってもコミックが大半です。
しかも私は小学校の卒業文集で「将来の夢:漫画家」と書いていて、
「ボクは漫画家になるのだ。
 いや、ならなければならないのだ」
と言い切っていました。
まったくもって畏れ多いことを書いたものです。

そんなこともあってコミケに参加するようになり、
自分も漫画を描くようになりますが、下手の横好き。
完全に自己満足の世界でした。楽しかったけど。

しかし、そんな私のような人間にも一筋の光が…
それは昨年発売された「コミPo!」です。
なんと、素人でもカンタンに漫画が作れるソフトなのです。

1.コマ割りを選ぶ(クリック!)
2.キャラクターと表情、パーツ、色などを選ぶ(クリック!)
3.マウスで配置を決めて(グリグーリ!)
4.吹き出しを入れて、ハイ完成(お~っ!)
という感じで、ポンポン作れるという触れ込み。
しかも実売価格は1万円以下です。
さっそく体験版を無料ダウンロードし、
20分後にできたものがコチラ!

…お、オチがない。

四コマ漫画は、「起・承・転・結」と言われますが、
この脱力感はいったい何だろう…。(・_・;)

そうです。
漫画は、ただ絵が描けるだけじゃ、ダメなんです。
ネームを考える力、ストーリーを膨らませる想像力!
このソフトを使うと、それがよく分かります。

プロの漫画家の方がいかにずば抜けた能力を持っているかも。

まぁ、漫画を描くというよりは、既存の素材を組み合わせる必要があるので
レゴブロックで遊ぶ(自由度はあるが、素材は決まっている)ような感じです。

しかし自分の脳内アイディアを「誰もが」「手軽に」表現できるようになる、
という意味では、非常に大きな意義がありますね~このソフト。

6,000人が読んでいる、成功思考が身につくメルマガ(無料)

偏差値35、時給800円のフリーターだった佐藤大介が、なぜ年収1億円を達成して自由な人生を手に入れられたのか。

このブログでは私がこれまで稼いできた方法はもちろんのこと、今現在手がけているビジネス、生活の質を上げるテクニック、日常の気付きを、無料でどんどんシェアしていますが、その最新情報をピックアップして週1回お届けするのがこのメルマガです。

ここから人生のヒントを得て、あなたも私と同じように、素晴らしい人生を手に入れてください。

今なら受講料トータル49,600円で開催したセミナーの録画ビデオ(ノーカット版)を無料でプレゼント中。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。