ギリギリ人員、ギリギリ時間はNG

新宿渋谷は苦手な私ですが、香港の繁華街は大好きです。
魔の巣窟みたいな雰囲気が。(笑)

さて、何事もギリギリは良くないですね。
仕事で大がかりなプロジェクトがある場合には、予備日を設けるなどのバッファが必要です。
特に複数人で行う場合には必須ですね。

経営する側から見ると、
ギリギリ人員もNGです。

3人でチームを組んで行う仕事であれば、4人。
10人が適切な人数の部署なら、12人。
多少の余裕を持たせなければなりません。

ギリギリ人員の最大の欠点は、誰かが急病になった際に
仕事の遅れに直結することですね。
小さな会社は、スピードが大企業に対抗できる武器のひとつ。
スピードで遅れを取ってはなりません。

これはあまりやりませんが、バッファを設けておけば
不良社員を排除しても、業務に支障を出さずにすみますね。

キャッシュも同様ですが、
こちらはどちらかというと、余裕は少ない方が良いですね。
キャッシュに余裕があるということは経営は安定しますが資金効率は悪くなります。
使えるお金は、ギリギリまで仕入や投資に回すほうが効率的です。
ですが、ギリギリラインを超えると銭足らずで大変なことになるというか
ほぼ倒産宣告を意味するので気をつけないといけませんね~

とまぁ、ギリギリはNGであると常々感じているところですが、
今週、香港から羽田に戻る飛行機で…やってしまいました。

搭乗予定時刻の10分前には到着。
「はて…? 香港羽田線にしては、やけに中東の雰囲気を醸し出しているご婦人方が多いような?」

なんて思いながらも搭乗口で待っていたところ、

時間になっても搭乗が始まる気配が無く。

よく見るとそこはドバイ行き。なんじゃそりゃー。
しかし、手元のBORDING PASSには、その搭乗口の番号が…

…な、無い!

なんと、座席番号(28Kとか)と、搭乗口の番号を間違えていたのである。
慌てて正しい搭乗口に向かうも、時既に遅く、出発済み。

あと5分早く気づいていれば…なんて、悔やむ暇もなく、
仕方ないのでイミグレーションを再び通過し、翌日の飛行機を予約。

常宿に戻ると、どうやらAirport近くの展示会場で
リビング雑貨をテーマにした展示会が開催されているとの情報。

早速行ってみると、規模は確かに小さいが、得るものは多かった…!
何よりも日本人が殆ど居ないうえに、
香港人デザイナーのタマゴが多数出展。

飛行機に乗り遅れていなければこの展示会のことを知らなかったわけで、
今回は総合的には結果オーライでしたけどね…

やっぱりギリギリはやめましょう。

ビジネスの相談について、佐藤が無料で回答します

様々な相談に佐藤が無料で回答する人気コンテンツ「みんなの質問に答えるよ」では、常時相談・質問を募集しております。

お答えできる私の専門分野は
・中国輸入ビジネス、仕入れやOEMについて
・インターネット物販、越境ECについて
・その他ブログでシェアしている内容
ですが、その他の質問でもOKです。

●回答はこちらのブログで行います。
●ブログは私が好きな時に更新していますので、回答まで数週間お待ち頂くこともあります。
●なお、完全に専門分野外の場合はスルーしますのであしからずご了承ください。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。