動画でネットショップの売上UPを2倍に…?!

「ジャパネットたかた」のTVショッピングって、まさにエンターテインメントです。
高田社長がやっているのは商品の売り込みなんだけど、見ていて面白い。
楽天市場もShopping is Entertaimentを掲げていますが、
ジャパネットさんは更に早い段階でそれに気づいていたのです。

普通の通販番組とジャパネットたかたの違いは何か。
それは製品のここぞというポイントを幾つかに絞ってアピールする、
高田社長のあの独特の語り口があるかないか、でしょうか。
(分割手数料が無料というのもあるかな?)

ネットは今やYoutubeやニコニコ動画に代表されるように
リッチコンテンツを存分に楽しめるようになりました。
ジャパネットを含め従来の通販会社のサイトを見ると、
動画の雨あられです。(^^;

一方、いわゆるネットショップも雨後の竹の子のごとく
毎日毎日増え続けていますが写真だけのページが殆ど。

私もネットショップを作っているから分かりますが、
動画を作らない理由No.1は、面倒くさいからでしょう。
消費者の立場に立って考えるとひどい話です。

ですが、動画を作ることで売上が上がるとしたら…
多くのネットショップは、手間暇をかけて動画を作るようになるでしょう。
手間=コスト。
投下コストに見合ったリターンが見込めれば投下すべきです。

というわけで先日デジカメで動画を撮ってUPしてみました。
実は楽天市場の管理画面には動画管理機能があり、
マニュアルを読まなくても直感操作で何とかなりました。

すると、わずか2日半で、約500回の再生が!
別にページを開いた途端に自動再生しているわけではありません。

アクセスした方が能動的にPLAYボタンをクリックしたのです。

そして驚くべき事に、
転換率が約25%向上したのです。

(転換率とは、購入人数/アクセス人数です)

ネットショップの売上は
平均単価×アクセス数×転換率
で表されます。

ネットショップの数だけ方針はあるでしょうが、
私はこの中で最も重視するのは転換率です。
なぜなら効率がよいからです。

1%の転換率を2%にするだけで、売上は2倍です。
そして、コストは殆ど増加しません。
従って売上2倍なら、利益は3~4倍ですね。
ページを一所懸命に作り込むだけです。
私、その作業が大好きです。


もちろん、転換率がそのままでも
1万人のアクセス人数(ユニークユーザー)だったものを2万人にすれば、
売上は2倍です。

しかしアクセスを2倍に増やすには、とてつもない労力とお金がかかります。
広告やSEO対策であれば予算を2倍とまではいかなくても
1.5~1.8倍位には増やさなくてはならないのではないかな~?

まぁ一応書きますが
あの計算式の「平均単価(客単価)」を2倍にすることがいかに困難で非現実的かは、
商売やってる人なら分かりますよね…(汗)

転換率を上げると言うことは、
その商品の魅力をしっかりとお客様にお伝えすることができている
ということ。

商売人として、
これほど嬉しいことはありませんよね。

それにしても、動画の効果がこれほどとは。驚きました。
来週から動画撮影を増やします。動画編集ソフトのアドビプレミアも買っちゃいました。

来週中には、オフィス内に撮影スタジオを設けます。
ネットショップに関しては、動画をどんどん増やしていきます。

【無料動画】年収1億円になったターニングポイントとは?


年収1億円になると選択肢が増え、
この現代社会ではとても生きやすくなります。

たとえば私も、
「値札を見ずに、欲しい物は即買いする」
「思い立った好きなときに世界を旅する」
「世界中に飲み友女子をつくる」
「女子高生と結婚する」
「世界各国でタワーマンションを所有する」
など、数々の夢を叶えてきました。

しかし私の学生時代は偏差値35、当然Fラン大学卒です。
なんとかして入れた会社では干され、25歳で時給800円のフリーターに転落。
サラ金から200万円の借金があり、残飯に手を伸ばしたことも・・・

そんな絶望的で惨めな人生を送っていた私が、
どうして年収1億円を達成できたのか。

その【ターニングポイント】を、すべてお伝えします。
ちなみに、寝ながら稼げる、ラクして稼げる系の話ではありませんので、その辺を期待している方はガッカリするので見ないほうがいいです。

学びがたくさん!怒涛の120分間!!(無料)

  

しかし、正攻法で成功したい方はぜひご覧ください。
私の半生から人生のヒントを得て、あなたも私と同じように、素晴らしい人生を手に入れて欲しいと思っています。


今すぐ無料動画を受け取ってください

限定公開動画のため、メールアドレス宛に動画URLをお送りします。期間も限定のため、今を逃すと視聴できない可能性があります。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。