中国にもラジオライフ的なギリギリ情報誌があった!の巻

友達が最近開いたカフェ。
コーヒー58元となかなか強気ながら、好きな豆をその場で挽いてくれるのでうまい。
でもまだ本格志向のお客さんはイーウーでは少ないかな。

んで懐かしい雑誌を発見。
日本で言えば週刊ポストとかSPAあたり。

習さん以前の中国は、
結構おおっぴらだったなぁ。

ネット検閲もなかったもんね、この頃は。

 

6,000人が読んでいる、成功思考が身につくメルマガ(無料)

偏差値35、時給800円のフリーターだった佐藤大介が、なぜ年収1億円を達成して自由な人生を手に入れられたのか。

このブログでは私がこれまで稼いできた方法はもちろんのこと、今現在手がけているビジネス、生活の質を上げるテクニック、日常の気付きを、無料でどんどんシェアしていますが、その最新情報をピックアップして週1回お届けするのがこのメルマガです。

ここから人生のヒントを得て、あなたも私と同じように、素晴らしい人生を手に入れてください。

今なら受講料トータル49,600円で開催したセミナーの録画ビデオ(ノーカット版)を無料でプレゼント中。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。