ビエンチャン首都ワッタイ空港は、14ドルでビアラオが飲み放題の件について

ラオス・ビエンチャンの空の玄関口、ワッタイ空港。

日本からは直行便がありませんが、
バンコク、中国昆明、広州、ハノイなど周辺のハブ空港からの国際線が就航しています。

ここのビジネスクラスラウンジは1箇所しかなく、各社共通で使っていますが、ビジネスクラスじゃなくてもお金を払えば使えます。

それも14ドル!

見よ!
このビアラオの大量ストックを・・・!

まぁ外で飲んだら1本1ドルしないので、15本以上飲まなきゃモトは取れませんがw
日本で考えたら1本500円として3本飲めば得した気分かな。

Wi-Fi完備で仕事もできる。
静かだし、このラウンジは絶対お勧めです。

ところで、ここワッタイ空港は日本のODA。
国内線ターミナルは、現在ハザマが建て替え中。

同じハコモノでも、こうやって現地で日本の株を上げてくれるなら大歓迎。この地で頑張っている日本人がいる。
私もしっかりがんばろう!

ここからは、フライト3つ乗り継いでイーウーへ。

ルアンパバン→ビエンチャン→昆明→義烏
トータル10時間30分。
なんと昆明から義烏空港のフライトがあったのね〜! ますますラオスが近くなる。

 

 

6,000人が読んでいる、成功思考が身につくメルマガ(無料)

偏差値35、時給800円のフリーターだった佐藤大介が、なぜ年収1億円を達成して自由な人生を手に入れられたのか。

このブログでは私がこれまで稼いできた方法はもちろんのこと、今現在手がけているビジネス、生活の質を上げるテクニック、日常の気付きを、無料でどんどんシェアしていますが、その最新情報をピックアップして週1回お届けするのがこのメルマガです。

ここから人生のヒントを得て、あなたも私と同じように、素晴らしい人生を手に入れてください。

今なら受講料トータル49,600円で開催したセミナーの録画ビデオ(ノーカット版)を無料でプレゼント中。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。