中国で車買ったよ!

河南省出身の子が滴滴(DiDi)ビジネス始めたいってことで、
車を買うのに頭金を出してみた。

中国版Uber、滴滴(DiDi)

タクシー業界からクレームが相次ぐなか、
中国政府が「シェアエコノミーは共産主義思想に合致」とかいうことで合法と発布。
以来、ものすごい勢いで増殖中の滴滴ドライバー。

車さえあれば、誰でもできる。

でも何でも良いってわけじゃなくて、
条件が2つ。

・新車登録から6年以内
・新車価格10万元(160万円)以上の車種
ってことです。

タクシーは競争原理が働いていなかったため、
汚い車だし、特にイーウーでは勝手に別の人を乗せて遠回りするしで評判が悪いうえ、滴滴はタクシーより安いため、もうタクシーは消えそうな予感。

残るとすれば、初乗り3元(50円)にするしかない。滴滴はいわゆるるIoT。ビジネスモデルが違うのでタクシー業務で儲からなくてもよいしね。

ちゃんと稼いでもらって、配当に期待!
このところ、中国の若い子に色々と出資していますw

 

 

6,000人が読んでいる、成功思考が身につくメルマガ(無料)

偏差値35、時給800円のフリーターだった佐藤大介が、なぜ年収1億円を達成して自由な人生を手に入れられたのか。

このブログでは私がこれまで稼いできた方法はもちろんのこと、今現在手がけているビジネス、生活の質を上げるテクニック、日常の気付きを、無料でどんどんシェアしていますが、その最新情報をピックアップして週1回お届けするのがこのメルマガです。

ここから人生のヒントを得て、あなたも私と同じように、素晴らしい人生を手に入れてください。

今なら受講料トータル49,600円で開催したセミナーの録画ビデオ(ノーカット版)を無料でプレゼント中。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。