タオバオで月商500万円売るセラーの事務所に潜入・・・の巻!

中国のネットショップと言えば、タオバオ(淘宝網)

実はこのタオバオで売られている商品の多くは、
義烏で仕入れられています。

義烏郊外には、通称タオバオ村と呼ばれる場所があるくらいです。

今日はその1つに潜入!

このセラーは、カメラ用品を主に販売。
タオバオも楽天と同じく、専門店ほどファンがつきやすく、売上も高いです。

結構な数が出荷されています。
まぁ客単価300元でも、34件で10,000元ですからね。

粗利率は25%前後。
中国は一般に固定比率が低いうえ、タオバオは出店料も手数料もゼロなので最終利益でも20%以上残るらしい。

月商30万元の20%は、6万元。
25歳、男性、ホワイトカラーの年収が、わずか1ヶ月で・・・。
なるほど、街中にBMWやベンツが溢れるわけだ。

売れる秘訣は、写真とのこと。
さすが、設備投資もしっかりやってますな!

私はタオバオで過去2回、出店しては売れず撤退・・・で鳴かず飛ばずですが、最近は3回目にトライしています。

チャレンジチャレンジ!

ビジネスの相談について、佐藤が無料で回答します

様々な相談に佐藤が無料で回答する人気コンテンツ「みんなの質問に答えるよ」では、常時相談・質問を募集しております。

お答えできる私の専門分野は
・中国輸入ビジネス、仕入れやOEMについて
・インターネット物販、越境ECについて
・その他ブログでシェアしている内容
ですが、その他の質問でもOKです。

●回答はこちらのブログで行います。
●ブログは私が好きな時に更新していますので、回答まで数週間お待ち頂くこともあります。
●なお、完全に専門分野外の場合はスルーしますのであしからずご了承ください。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。