ホーチミン市・イオンモールベトナム1号店に行ってみた!

ベトナム・ホーチミンにイオンモールが出来たと聞き、
行ってみました。

市の中心部(1区)からは10kmくらい、タクシーで30分・20万ドン(約1000円)。

タンソンニャット空港に近いです。

日の丸が翻っております。
中国ではありえん!

すごい人出・・・
人に酔いそうです。

中国でこのオブジェを作ったら、
即効で焼き討ちに合うだろうな・・・

ダイソーは「4万ドン均一ショップ」です。
約200円。

レストラン街は8割日本食。
丸亀製麺は40分待ち

この筐体、日本から持ってきたんだろうか・・・すごい。

コスプレしてプリクラも撮れます

「ねぇ、お姉ちゃん見てみて!
 野菜が袋に入ってるよ!」的な会話をしてました。(多分)

「母さん、これはどうやって食べるんだろう」
「大丈夫でしょう、日本のスーパーだから」的な会話が(妄想入ってきた)

人出は多いが、
人気なのは200円ショップとレストラン街とスーパー。

専門店街は微妙。
高級品売り場は人がまばらです。

このホーチミンのイオンモールは、巨大な日本ショーケース

今は日本式を全面に押し出していますが、

徐々にローカライズされていくことでしょう。

それにしても「日本」「JAPAN」をこれほど主張するとは、
イオンもなかなかやりますな。

イオンの株、買ったろうか

【無料動画】年収1億円になったターニングポイントとは?


年収1億円になると選択肢が増え、
この現代社会ではとても生きやすくなります。

たとえば私も、
「値札を見ずに、欲しい物は即買いする」
「思い立った好きなときに世界を旅する」
「世界中に飲み友女子をつくる」
「女子高生と結婚する」
「世界各国でタワーマンションを所有する」
など、数々の夢を叶えてきました。

しかし私の学生時代は偏差値35、当然Fラン大学卒です。
なんとかして入れた会社では干され、25歳で時給800円のフリーターに転落。
サラ金から200万円の借金があり、残飯に手を伸ばしたことも・・・

そんな絶望的で惨めな人生を送っていた私が、
どうして年収1億円を達成できたのか。

その【ターニングポイント】を、すべてお伝えします。
ちなみに、寝ながら稼げる、ラクして稼げる系の話ではありませんので、その辺を期待している方はガッカリするので見ないほうがいいです。

学びがたくさん!怒涛の120分間!!(無料)

  

しかし、正攻法で成功したい方はぜひご覧ください。
私の半生から人生のヒントを得て、あなたも私と同じように、素晴らしい人生を手に入れて欲しいと思っています。


今すぐ無料動画を受け取ってください

限定公開動画のため、メールアドレス宛に動画URLをお送りします。期間も限定のため、今を逃すと視聴できない可能性があります。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。