ベトナム税関にやられた・・・!

中国義烏があまりにも寒くて風邪を引いてしまったので癒やすべく、ホーチミンに来てみました。気温は28℃。気持ちのいい気候です。

こういう所は、外国人はボラれて当然(?!)なのでなるべく気をつけましたが、やはりやられてしまいました・・・税関で。

つい先ほど買ったばかりのiPhone5を見付けては「関税は20%でUSD150だ」と。いや、もう開封しているし自分用だし、と言っても”箱が有るからダメだ”と。なんという理屈。

結局、社会主義の特色ある税金で解決したものの・・・そういえば5年前の中国もこんなことよくあったなーなんて、杭州の税関でのバトルの数々を思い出してしまいました。ちょっと懐かしい。

ホテルチェックイン後、SIMカードを購入したら、いよいよ夜のフィールドワークです。
・・・といっても全然土地勘がないので、バイクのおっちゃんに50,000ドン(約220円)で30分ほど、中心部(1区)をひととおり案内してもらいました。

噂には聞いていましたが、実にエネルギッシュです。高いところ、安いところ、表の部分、ウラの部分、この猥雑さは・・・5年前の義烏より勢いがあります。

床屋はリーズナブル且つすごいサービスだった。

夕食は、屋台のフォー。
今日のマイタンは、チキンのフォーとビールで60,000ドン(約260円)でした。

・・・しかし、このベトナム・ドン、
お札にゼロがいっぱいあるので、なんだか金持ちになった気分です。

 

 

【無料動画】年収1億円になったターニングポイントとは?


年収1億円になると選択肢が増え、
この現代社会ではとても生きやすくなります。

たとえば私も、
「値札を見ずに、欲しい物は即買いする」
「思い立った好きなときに世界を旅する」
「世界中に飲み友女子をつくる」
「女子高生と結婚する」
「世界各国でタワーマンションを所有する」
など、数々の夢を叶えてきました。

しかし私の学生時代は偏差値35、当然Fラン大学卒です。
なんとかして入れた会社では干され、25歳で時給800円のフリーターに転落。
サラ金から200万円の借金があり、残飯に手を伸ばしたことも・・・

そんな絶望的で惨めな人生を送っていた私が、
どうして年収1億円を達成できたのか。

その【ターニングポイント】を、すべてお伝えします。
ちなみに、寝ながら稼げる、ラクして稼げる系の話ではありませんので、その辺を期待している方はガッカリするので見ないほうがいいです。

学びがたくさん!怒涛の120分間!!(無料)

  

しかし、正攻法で成功したい方はぜひご覧ください。
私の半生から人生のヒントを得て、あなたも私と同じように、素晴らしい人生を手に入れて欲しいと思っています。


今すぐ無料動画を受け取ってください

限定公開動画のため、メールアドレス宛に動画URLをお送りします。期間も限定のため、今を逃すと視聴できない可能性があります。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。