1日50円(3元)! 中国でもWifiを持ち歩く方法

日本ではWiMaxを使って3G環境でネットを使う事も多い。
今回、中国で同じ環境を導入したんですが…あまりにも導入が簡単で、劇的に便利になったのでご紹介。
安くて5台まで接続OKで言うことなし!
移動中も難なく仕事ができますぞ…!

(1)Wifi端末を購入 初代のPocket Wifiと同じ形のアレ。Simフリー版。私は香港で買いましたが、日本のAmazonでも1万円以下で買えます。

(2)中国連通(china Unicom)店頭に行き、「我要3G卡」「上网卡」などと言う。

(3)通話が含まれたセットプランを勧めて来るが断固拒否し、100元で3GBまで使えるプリペイド式のプランで申し込む。超過1MBにつき0.1元。 中国の都市部はフリーのWifiが飛びまくっているので、普通に使う分には月に3GBあれば十分、使い放題と考えても良いかと。

 

<料金について>

プリペイドだが、パスポート登録が必要。最初に200元ほどチャージしておく。月途中に加入する場合は、その場で日割り分(月末までの分)が引かれる。その後は、月初に100元引かれる。

残高が無くなると繋がらなくなるが、チャージすれば復活。
残高不足はSMSで来るので、繋がらないと思ったら、端末にログインしてメッセージを見る。

<メモ>
*残高が無くなってから3ヶ月放置でSIMが無効になるらしい。
*料金内の通信量については、正確には省内での通信が2GB、全土での通信分が1GB。なので契約した省内ならば3GBまで使える。
*浙江省義烏での話なので、別の省だと違うかも…?
*パスポートを登録するので、発言には注意した方が良いかも知れん(笑)

ビジネスの相談について、佐藤が無料で回答します

様々な相談に佐藤が無料で回答する人気コンテンツ「みんなの質問に答えるよ」では、常時相談・質問を募集しております。

お答えできる私の専門分野は
・中国輸入ビジネス、仕入れやOEMについて
・インターネット物販、越境ECについて
・その他ブログでシェアしている内容
ですが、その他の質問でもOKです。

●回答はこちらのブログで行います。
●ブログは私が好きな時に更新していますので、回答まで数週間お待ち頂くこともあります。
●なお、完全に専門分野外の場合はスルーしますのであしからずご了承ください。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。