義烏で一人、晩飯を食う・・・の巻!

中国人は円卓で飯を食うと思われがちだが、
日常的には、そんなことはない。

で、独り者の中国人はどこで食べているのかというと
中国式ファーストフードである。

こんなのや

こんなのが、街のいたるところにある。
「快餐」とは、ファーストフードのことだ。

義烏は上海のように洗練されていないが、
気取らないところが気に入っていて、自分も晩飯はほとんど快餐だ。

だいたいセルフ式になっていて、
讃岐うどん店のようにお盆をもっておかずの前を通る。



食べたいものがあれば、指を指せばよそってくれる。
値段は書いていないが、
中国なので高くてもたかが知れているので気にしない。
(一応聞けば教えてくれる)



最後にご飯(1元~1.5元)をもらってレジで会計。
讃岐うどん店のルーツか!と思うほど、流れが同じ。(笑)

これだと7-8元くらい。
ちなみに飯はおかわり自由だ。

「加飯処」と書かれた場所に
学校給食で使われていたような箱が置かれていて、
中にギッシリ飯が入っている。^^

快餐は中国語を話す必要も無く、おかずも見れば何の料理か分かるので、
独り者の買付旅行者にも優しい。
というわけで、欧米人の姿も結構見かける。

ちなみに、箸は衛生的ではないので、
My箸を持って行く事をお勧めする。

ビジネスの相談について、佐藤が無料で回答します

様々な相談に佐藤が無料で回答する人気コンテンツ「みんなの質問に答えるよ」では、常時相談・質問を募集しております。

お答えできる私の専門分野は
・中国輸入ビジネス、仕入れやOEMについて
・インターネット物販、越境ECについて
・その他ブログでシェアしている内容
ですが、その他の質問でもOKです。

●回答はこちらのブログで行います。
●ブログは私が好きな時に更新していますので、回答まで数週間お待ち頂くこともあります。
●なお、完全に専門分野外の場合はスルーしますのであしからずご了承ください。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。