義烏で一人、晩飯を食う・・・の巻!

中国人は円卓で飯を食うと思われがちだが、
日常的には、そんなことはない。

で、独り者の中国人はどこで食べているのかというと
中国式ファーストフードである。

こんなのや

こんなのが、街のいたるところにある。
「快餐」とは、ファーストフードのことだ。

義烏は上海のように洗練されていないが、
気取らないところが気に入っていて、自分も晩飯はほとんど快餐だ。

だいたいセルフ式になっていて、
讃岐うどん店のようにお盆をもっておかずの前を通る。



食べたいものがあれば、指を指せばよそってくれる。
値段は書いていないが、
中国なので高くてもたかが知れているので気にしない。
(一応聞けば教えてくれる)



最後にご飯(1元~1.5元)をもらってレジで会計。
讃岐うどん店のルーツか!と思うほど、流れが同じ。(笑)

これだと7-8元くらい。
ちなみに飯はおかわり自由だ。

「加飯処」と書かれた場所に
学校給食で使われていたような箱が置かれていて、
中にギッシリ飯が入っている。^^

快餐は中国語を話す必要も無く、おかずも見れば何の料理か分かるので、
独り者の買付旅行者にも優しい。
というわけで、欧米人の姿も結構見かける。

ちなみに、箸は衛生的ではないので、
My箸を持って行く事をお勧めする。

【無料動画】年収1億円になったターニングポイントとは?


年収1億円になると選択肢が増え、
この現代社会ではとても生きやすくなります。

たとえば私も、
「値札を見ずに、欲しい物は即買いする」
「思い立った好きなときに世界を旅する」
「世界中に飲み友女子をつくる」
「女子高生と結婚する」
「世界各国でタワーマンションを所有する」
など、数々の夢を叶えてきました。

しかし私の学生時代は偏差値35、当然Fラン大学卒です。
なんとかして入れた会社では干され、25歳で時給800円のフリーターに転落。
サラ金から200万円の借金があり、残飯に手を伸ばしたことも・・・

そんな絶望的で惨めな人生を送っていた私が、
どうして年収1億円を達成できたのか。

その【ターニングポイント】を、すべてお伝えします。
ちなみに、寝ながら稼げる、ラクして稼げる系の話ではありませんので、その辺を期待している方はガッカリするので見ないほうがいいです。

学びがたくさん!怒涛の120分間!!(無料)

  

しかし、正攻法で成功したい方はぜひご覧ください。
私の半生から人生のヒントを得て、あなたも私と同じように、素晴らしい人生を手に入れて欲しいと思っています。


今すぐ無料動画を受け取ってください

限定公開動画のため、メールアドレス宛に動画URLをお送りします。期間も限定のため、今を逃すと視聴できない可能性があります。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。