義烏で電動アシスト自転車を買う・・・の巻

義烏に一度来た方は分かると思いますが、
BMW、Audi、ベンツなんかが大衆車という位、走っています。

実は義烏は、中国で最も高級車普及率が高い地域なんですね~


そうでなくても車が多いので、夕方は特に混みます。
写真はうちの事務所からの風景ですが、見事に帰宅ラッシュで片道が埋まっています。
帰宅時はこの渋滞が悩みの種でした。

もちろんタクシーなど捕まらないし、
仮に相乗りで乗れてもメーター料金の倍は払うのでバスで帰るのですが、これも渋滞にハマって普段の倍、時間がかかるのです・・・

で、この状況を打破しようと、私も一念発起。
自転車を買う事にしました。

で、買ったのがコレ。

見た目は原付ですが、アシスト自転車です。
フルアシストしますけど、ペダルが付いているので自転車です。
中央政府が決めた制限速度20km以上も出ますけど、あくまで自転車です。

1年保証付きで1600元でした。

実は電動自転車に関しては地方によって規制が異なり、
ここの地方政府では「自転車なので免許は不要」とのこと。

こんなんで逮捕されても怖いので、
念のためそこらへんにいる公安に尋ねたところ・・・
(何言ってるんだコイツ、という表情で)
「何で自転車に免許がいるんだ? 日本は自転車に運転免許が要るのか?」
などと笑われてしまいました・・・が、中国でも地方によってはナンバー登録が必要ですぞ。

免許云々以前に、誰もヘルメットをかぶっていないというのがすごいところです。

ずっと義烏にいると違和感を感じませんが、
よくよく考えると、とてもGDP世界第二位の国家とは思えない自由奔放ぶりです(笑)

【無料動画】年収1億円になったターニングポイントとは?


年収1億円になると選択肢が増え、
この現代社会ではとても生きやすくなります。

たとえば私も、
「値札を見ずに、欲しい物は即買いする」
「思い立った好きなときに世界を旅する」
「世界中に飲み友女子をつくる」
「女子高生と結婚する」
「世界各国でタワーマンションを所有する」
など、数々の夢を叶えてきました。

しかし私の学生時代は偏差値35、当然Fラン大学卒です。
なんとかして入れた会社では干され、25歳で時給800円のフリーターに転落。
サラ金から200万円の借金があり、残飯に手を伸ばしたことも・・・

そんな絶望的で惨めな人生を送っていた私が、
どうして年収1億円を達成できたのか。

その【ターニングポイント】を、すべてお伝えします。
ちなみに、寝ながら稼げる、ラクして稼げる系の話ではありませんので、その辺を期待している方はガッカリするので見ないほうがいいです。

学びがたくさん!怒涛の120分間!!(無料)

  

しかし、正攻法で成功したい方はぜひご覧ください。
私の半生から人生のヒントを得て、あなたも私と同じように、素晴らしい人生を手に入れて欲しいと思っています。


今すぐ無料動画を受け取ってください

限定公開動画のため、メールアドレス宛に動画URLをお送りします。期間も限定のため、今を逃すと視聴できない可能性があります。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。