HSBC香港の口座を開設するだけで、営業利益率0.5%アップ!

外国企業との取引が増えるに従って昨年あたりから
We are global seller from Japan!
という英文コピーを名刺に付けています。
始めて展示会で会うときなどは、色白のアジアン=中国人か韓国人と思われがちで、
中国に行くと殆ど、90%は「你是韩国人?(あんた韓国人?)」と言われます。
Japaneseというとちょっと驚かれたりして、
実力でもないのに誇らしい気持ちになります(本音)

メイド・イン・ジャパンは、人間も一緒。
フロンティアに果敢に立ち向かい、
日本人というブランドを築いてくれた先達たちに感謝です。

さて、最近円高が続いていますが、
貿易をやっているからには「もっと安く外貨を調達したい!」と思うのは当然の心理。
そこで今年から始めたHSBCを活用した外貨両替について検証したいと思います。

本日のレートです。
私は貿易の決済はUSDで行うことが多いです。

三井住友銀行のTTSレートは、
1ドル=81.55円でした。

今回は22,000ドルを調達しますので、
1,794,100円です。

  いやーかなり円高ですね~。
  普段は頭の中で「1ドル=100円前後」で計算しているので(計算が楽だし)、
  なんかバーゲンセールの感じです。

さて、HSBCを見てみましょう。

本日は1ドル=80.84円です。
同じく22,000ドルの場合、1,778,488円です。
この差、15,612円。

日本からHSBCへの資金移動は、円貨送金を行います。
円貨送金手数料は、三井住友銀行の場合、6,000円程度です。


  ちなみにこの口座は日本法人の外貨口座なので、
  会計的には口座振替をしただけの処理です。

それを差し引いても、9,612円。
しかも日本-香港間は、ほぼリアルタイムに送金が完了します。

というわけで、外貨両替も送金も
クリックひとつで完了。

割合にして0.5%ですが、

仕入金額が0.5%下がるって、結構大きいですよね。
売上高や他の可変費用は変わらないのですから、
輸入商品について営業利益が0.5%上がるようなものです。

これを毎週やると、
年間の絶対額でも50万円ですからね。

何もしないで、営業利益で0.5%アップ。
こういうコツコツの積み重ねで、利益を増やしていきたいですね。

6,000人が読んでいる、成功思考が身につくメルマガ(無料)

偏差値35、時給800円のフリーターだった佐藤大介が、なぜ年収1億円を達成して自由な人生を手に入れられたのか。

このブログでは私がこれまで稼いできた方法はもちろんのこと、今現在手がけているビジネス、生活の質を上げるテクニック、日常の気付きを、無料でどんどんシェアしていますが、その最新情報をピックアップして週1回お届けするのがこのメルマガです。

ここから人生のヒントを得て、あなたも私と同じように、素晴らしい人生を手に入れてください。

今なら受講料トータル49,600円で開催したセミナーの録画ビデオ(ノーカット版)を無料でプレゼント中。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。