世界最大の消費財見本市「アンビエンテ2011」に行ってみた!

突然ですが、ドイツ・フランクフルトに来ています。
ヨーロッパに来るのは8年ぶりです。ワオ!

寒さを覚悟していましたが、来てみれば東京とさほど変わらない陽気。
たまたま、暖かい日が続いているようです。

ここフランクフルトでは、今週、
世界最大の生活消費財見本市「アンビエンテ(Ambiente)」
が開かれています。

正直、本業に直結しているわけではありません。
しかし“世界最大のギフト・ショー”と言われては、ぜひ見たくなるのが人情ってもんです。

見本市会場(メッセ)の目の前に宿を確保して、いざ出発!

余談ですが「幕張メッセ」や「夢メッセみやぎ」(仙台)などの“メッセ”も
実はドイツ語が語源なんですって。

さてこの会場、広さはハンパじゃありません。
東京ビッグサイトの4倍と言われていますが、
一日ではとてもではありませんが回りきれません。

ギフトを中心に、展示されているリビング、インテリア、キッチン雑貨の数々。
どのブースも、やはり欧州企業だけあってハイセンス。
しかもなんだか新鮮味もあります。
目新しいものが多いんです。

来て知りましたが、欧州では 展示会=新作発表会 なんだそうですね。
日本ではセレクトショップに置いてあるような品のある商品を
簡単に見つけることが出来ます。

ハイセンスなリビング雑貨、しかも日本未発売商品の数々を見ていると、
輸入事業、なんて面白い感じがしますね。
ワクワクしてきます。

移動は早足なので1日平均15~20km位は歩くと思うんですが、
なぜか疲れない…。

身体は疲れていても、頭が覚醒するというか、興奮するんですよね~

…でもやっぱり疲れるので、
毎晩、温泉♪ ビール♪ りんご酒(アップルワイン)♪ の三拍子で
癒させてもらいました~

さてこの生活消費財見本市、
ここメッセでは年2回開催されています。

冬の開催名が「アンビエンテ」、夏は「テンデンス」といって毎年8月末に開催されます。

名前は以前から聞いていたので、
日本でも結構有名な展示会だと思いますが、
実際の会場では殆ど日本人バイヤーを見かけませんでした。

ちなみに、中国人は相当頑張ってます。
とんでもない人数が来ています。

このアンビエンテでも、
ホール一館まるごと、中国のサプライヤーだけというエリアがありました。
ここだけ雰囲気が義烏の福田市場のようで(笑)
商品は良いんだろうけど、接客する気がサラサラ無い。

遠路はるばる来たんだろうし、
同じアジア人として、もっとしっかりしろよ!と言いたくなりますが
補助金もらってきているんでしょうか、本当にやる気無し。
この様子では、中国企業が欧州市場を席巻するのは
当分先ですね…。

と思いきや、街中には100円ショップならぬ1Euroショップ。

ここだけは、中国製品であふれかえっていました(笑)

6,000人が読んでいる、成功思考が身につくメルマガ(無料)

偏差値35、時給800円のフリーターだった佐藤大介が、なぜ年収1億円を達成して自由な人生を手に入れられたのか。

このブログでは私がこれまで稼いできた方法はもちろんのこと、今現在手がけているビジネス、生活の質を上げるテクニック、日常の気付きを、無料でどんどんシェアしていますが、その最新情報をピックアップして週1回お届けするのがこのメルマガです。

ここから人生のヒントを得て、あなたも私と同じように、素晴らしい人生を手に入れてください。

今なら受講料トータル49,600円で開催したセミナーの録画ビデオ(ノーカット版)を無料でプレゼント中。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。