香港展示会【ギフト&プレミアムフェア2019】で頑張りMAX

Hong Kong Gifts & Premium Fair 2019に出展してきました。
世界最大級の展示会として、輸入ビジネス業界では知られている展示会です。

私が初めてここを訪れたのは2011年の春。恩師である大須賀祐先生の海外実践講座を受けるため、初めて香港を訪れました。中国には100回以上行っていましたが、香港は行ったことがありませんでした。

それまで義烏(イーウー)の安い商品を転売していたのですが、
ここでは同じような中国製品が2倍以上の値付けで展示されていて、しかもロットはイーウーよりも大きいことに衝撃を受けたのを思い出します。

最初は日本人相手にボッタクっているのだと思ったくらいですw

パッケージを変えたり、
香港企業、台湾企業、日本企業として、それぞれの市場の特性向けの仕様に改善すれば2倍で売れる・・・つまりOME、ODMに舵を切ったきっかけになった展示会ですね。

イーウーの商品を、ここで売られているように先進国向け、日本市場向けに変えて、
東京ギフトショーやGIFTEX(雑貨エキスポ)に出展して卸先を開拓する。2011年頃はこれに夢中になっていました。

んで、2017年からはこの香港の展示会にも出展しています。今年で3回目。

日本のギフトショーとの違いは、なんといっても海外バイヤーの多さです。
それも欧米バイヤーが多い。

出展数を比べると
・東京ギフトショー:約2,100社
・香港ギフト&プレミアム:約4,300社

バイヤー数は
・東京ギフトショー:約200,000人
・香港ギフト&プレミアム:約50,000人

圧倒的に東京のほうがバイヤーは多いのですが、
97%は日本人です。

日本で開催されているんだから当たり前なんですが、
香港の場合は半数が香港以外の出展者で、
バイヤーも半分以上が香港人以外なんですね。

てことは、海外バイヤーの人数で言えば
・東京ギフトショー:約6,000人
・香港ギフト&プレミアム:約25,000人

ということで、海外に売るなら圧倒的にこちらが有利ということです。
欧米からアジアに仕入れに来るって、かなり本気でないと来られません。その本気のバイヤーたちは、自分の国で販路を持っています。

日本人は気付いていないけど、やはり🇯🇵日本デザインは強いんですよ。
製造はイーウー、広州でもね。

ものすごい熱気に包まれた4日間でした。

 

もちろん香港は飯もうまい!

海鮮!

点心!飲茶!

ステーキ!

謎のショットグラスw

香港に来ている輸入仲間と情報交換も楽しい!
日本ではお互い忙しくてなかなか会えなくても、展示会シーズンは皆集まれる。

 

香港の展示会は、
まずはバイヤーとして参加してみることをお勧めします。

香港でヒントを得て、イーウーで作って、日本で売る。
これが私が東急ハンズやLoft、Francfrancに商品を展開した流れ。輸入を事業化したい方は、ぜひトライしてみてくださいね。

ビジネスの相談について、佐藤が無料で回答します

様々な相談に佐藤が無料で回答する人気コンテンツ「みんなの質問に答えるよ」では、常時相談・質問を募集しております。

お答えできる私の専門分野は
・中国輸入ビジネス、仕入れやOEMについて
・インターネット物販、越境ECについて
・その他ブログでシェアしている内容
ですが、その他の質問でもOKです。

●回答はこちらのブログで行います。
●ブログは私が好きな時に更新していますので、回答まで数週間お待ち頂くこともあります。
●なお、完全に専門分野外の場合はスルーしますのであしからずご了承ください。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。