時給75円・・・ラオスの資材市場に潜入・・・の巻!

ラオスに来ました。
首都ビエンチャンのワッタイ空港は、日本のODAで作られ、最近改修して更に綺麗に。もちろん改修も日本のODAです。

上海浦東空港なんかと違って、ちゃんと記念碑が立っているところが日本人として誇らしい。

治水ダムとか水力発電所とか、色んな支援をしてきたためにラオスにおける日本の好感度は高いです。1945年に日本軍が進駐して軍政を敷いたけど、フランス植民地支配が終わるきっかけになったってことでこれもわりと肯定的な評価。

で、今回はトゥクトゥク飛ばして、2年ぶりの資材市場へ。

JUKI(と書いてある)一本針の本縫ミシンが2,500,000KIP(約35,000円)
全然知らない中華メーカー製も一律同じ。当然すべてパチモンですが、動かしてもらったところ、、、これはこれで悪くない。

ラオスはASEAN最貧国。

一般工の月給は15,000円
時給だと75円でASEAN最安レベル。

これまで素材はタイやベトナムから輸入しなければならないのでコストが高くなりがちと言われていましたが、
今回見ると、ラオス製の生地もかなり増えていました。

品質はまだまだかもしれないが、この国も高度成長の入り口に来ているかもしれない。

時代の変化を感じながら、
いくつか、事業アイディアが出ました。

 

【無料動画】年収1億円になったターニングポイントとは?


年収1億円になると選択肢が増え、
この現代社会ではとても生きやすくなります。

たとえば私も、
「値札を見ずに、欲しい物は即買いする」
「思い立った好きなときに世界を旅する」
「世界中に飲み友女子をつくる」
「女子高生と結婚する」
「世界各国でタワーマンションを所有する」
など、数々の夢を叶えてきました。

しかし私の学生時代は偏差値35、当然Fラン大学卒です。
なんとかして入れた会社では干され、25歳で時給800円のフリーターに転落。
サラ金から200万円の借金があり、残飯に手を伸ばしたことも・・・

そんな絶望的で惨めな人生を送っていた私が、
どうして年収1億円を達成できたのか。

その【ターニングポイント】を、すべてお伝えします。
ちなみに、寝ながら稼げる、ラクして稼げる系の話ではありませんので、その辺を期待している方はガッカリするので見ないほうがいいです。

学びがたくさん!怒涛の120分間!!(無料)

  

しかし、正攻法で成功したい方はぜひご覧ください。
私の半生から人生のヒントを得て、あなたも私と同じように、素晴らしい人生を手に入れて欲しいと思っています。


今すぐ無料動画を受け取ってください

限定公開動画のため、メールアドレス宛に動画URLをお送りします。期間も限定のため、今を逃すと視聴できない可能性があります。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。