通勤ラッシュに乗って、職住近接を改めて誓った件

新学期が始まり、電車も混んでますね。
今日は奥さんの通学に付き合いました。JR武蔵野線、かなり混むうえ、環状線のため乗降が駅ごとに繰り返される路線です。

痴漢に間違われないように
右手にバッグ、左手にスマホ。

私はたまにしか乗らないので新鮮ですが、
これに毎日、乗る方もいると思います。

私も毎朝毎朝、満員電車に乗る生活を4年送ったことがあります。片道1時間強、往復3時間。大学の時です。

不快なことこの上なく、一度痴漢騒ぎを見たことがありますが、哀れなもんでした。

これは非合理的だと思い、就職した時には会社のそばに住みました。
これはこれで終電が関係ないために毎日夜中まで残業することになりましたがw
若い時は経験値もなかったし、実力不足は時間でカバーできたので結果良かったと思います。

今でも職住近接がモットー。
通勤の3時間を削れれば、年間300日なら900時間。
1日12時間、働くとして75日分、約3カ月。

仕事場の近くに住むだけで、
可処分時間が3割増える。

まぁ、世の中合理的かどうかだけで判断するものでもないし、通勤途中にいろんな発見があったりするもんですけどね。

6,000人が読んでいる、成功思考が身につくメルマガ(無料)

偏差値35、時給800円のフリーターだった佐藤大介が、なぜ年収1億円を達成して自由な人生を手に入れられたのか。

このブログでは私がこれまで稼いできた方法はもちろんのこと、今現在手がけているビジネス、生活の質を上げるテクニック、日常の気付きを、無料でどんどんシェアしていますが、その最新情報をピックアップして週1回お届けするのがこのメルマガです。

ここから人生のヒントを得て、あなたも私と同じように、素晴らしい人生を手に入れてください。

今なら受講料トータル49,600円で開催したセミナーの録画ビデオ(ノーカット版)を無料でプレゼント中。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。