ラオス焼酎「ラオラーオ」製造現場へ潜入・・・の巻!

貸切ボートでパークウー洞窟へ行った帰り、
酒造所を見に行くか?
と船を操縦するおっちゃんに誘われる。

どうせお土産物屋で、何か買わされた上に
キックバックでもあるんだろうな。

でも2時間ただメコン川を眺めるだけよりも
いいよな。

船着き場。
子供が泳いでた。

ラオスの子って逞しいよな。水深何メートルだろ。

急な階段を上がると、掘っ立て小屋がいくつか。

これがラオラオの酒蔵だという。

製造工程が書かれている。
ラオラオは、コメから出来るらしい。

ラオスの主食はカオニャオ(もち米)なので、
これももち米だろうか。ごくり・・・

このカメから
柄杓みたいなのですくって、試飲させてくれた。

ちょっと甘い。
でもすごい匂いだな。本当に焼酎だろうか。

 

ちなみにカタカナで書くと「ラオラオ(ラオラーオ)」だが、それぞれ発音は違う。
ラオ(ເຫລົ້າ)はお酒、ラオ(ລາວ)はラオスで、ラオス焼酎。

ちなみにラオス語では、彼、彼女など第三者を指す言葉も「ラオ」。有名なビールはビアラオなので「彼は酒とビールを飲む(ギン)」は「ラオ、ギン、ラオラオ、レ、ビアラオ」になる。それぞれ発音が異なるので、それぞれのラオの発音が大事。

うるち米だけでなく、モチ米で作られたものもあった。甘くて、カクテルに合いそう。イーウーに持っていくよ!

しかしこの醸造所、酒税払っとるんだろうか。

完全に酔っ払いました。
しかもボートのおっちゃんの企みにドンピシャでハマり、お土産に2本も買ってしまったw

彼女は未成年で飲まないので、
ホテルまでちゃんと連れて帰ってもらいました。良かった・・・

6,000人が読んでいる、成功思考が身につくメルマガ(無料)

偏差値35、時給800円のフリーターだった佐藤大介が、なぜ年収1億円を達成して自由な人生を手に入れられたのか。

このブログでは私がこれまで稼いできた方法はもちろんのこと、今現在手がけているビジネス、生活の質を上げるテクニック、日常の気付きを、無料でどんどんシェアしていますが、その最新情報をピックアップして週1回お届けするのがこのメルマガです。

ここから人生のヒントを得て、あなたも私と同じように、素晴らしい人生を手に入れてください。

今なら受講料トータル49,600円で開催したセミナーの録画ビデオ(ノーカット版)を無料でプレゼント中。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。