ルアンパバーンで洞窟探検・・・の巻!


ラオスの古都、ルアンパバーンへ。
何度か首都になったこともある街で、人口10万人弱の地方都市。

街全体が世界遺産になっていて、
欧米の外国人観光客にも人気。

ビエンチャンとはまた違った趣があります。
手付かずのラオスって感じ。


昼間からビアラオ(ラオスの国民ビール)を頂くのも、
いとをかし。

ルアンパバーンの街そのものも素晴らしいのですが、
更に奥地にいくつかの観光スポットがあります。

今日はメコン川をのぼり、パークウー洞窟に行ってきました。

船をチャーターして往復でUSD100ドル。
この国の公務員の月給です。完全に観光客価格だけど、乗り合いと違って快適。横になってのんびり。

ずっとこんな景色が続きます。
飽きない。

2時間ほどで洞窟のある絶壁に到着。果てしない階段を登りきったところに、洞窟がある。

階段はかなりきつい。

この国には、バリアフリーって言葉はないよな。
エスカレータもエレベータも、国全体の設置台数が数えられる程度だと思われる。


やっと到達。
ここにペットボトル水の売り子が待ち構えているw

仏様に見えたが、本当の大仏様はその先。

 

こんな私でも、無人の洞窟の中で灯りを消してお釈迦様に囲まれていると、雑念が去り心が研ぎ澄まされるようです。

中は真っ暗で撮影できないので省略。
霊感の強い人は行かない方がいいかも。

先日婚約したラオスっ子の実家からも
直線距離は近いんですが、
何しろ山の国。

何回も山越えするため、車で8時間くらいかかります。

行くならビエンチャンから飛行機ですね。
40分のフライトです。

6,000人が読んでいる、成功思考が身につくメルマガ(無料)

偏差値35、時給800円のフリーターだった佐藤大介が、なぜ年収1億円を達成して自由な人生を手に入れられたのか。

このブログでは私がこれまで稼いできた方法はもちろんのこと、今現在手がけているビジネス、生活の質を上げるテクニック、日常の気付きを、無料でどんどんシェアしていますが、その最新情報をピックアップして週1回お届けするのがこのメルマガです。

ここから人生のヒントを得て、あなたも私と同じように、素晴らしい人生を手に入れてください。

今なら受講料トータル49,600円で開催したセミナーの録画ビデオ(ノーカット版)を無料でプレゼント中。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。