ルアンパバーンで洞窟探検・・・の巻!


ラオスの古都、ルアンパバーンへ。
何度か首都になったこともある街で、人口10万人弱の地方都市。

街全体が世界遺産になっていて、
欧米の外国人観光客にも人気。

ビエンチャンとはまた違った趣があります。
手付かずのラオスって感じ。


昼間からビアラオ(ラオスの国民ビール)を頂くのも、
いとをかし。

ルアンパバーンの街そのものも素晴らしいのですが、
更に奥地にいくつかの観光スポットがあります。

今日はメコン川をのぼり、パークウー洞窟に行ってきました。

船をチャーターして往復でUSD100ドル。
この国の公務員の月給です。完全に観光客価格だけど、乗り合いと違って快適。横になってのんびり。

ずっとこんな景色が続きます。
飽きない。

2時間ほどで洞窟のある絶壁に到着。果てしない階段を登りきったところに、洞窟がある。

階段はかなりきつい。

この国には、バリアフリーって言葉はないよな。
エスカレータもエレベータも、国全体の設置台数が数えられる程度だと思われる。


やっと到達。
ここにペットボトル水の売り子が待ち構えているw

仏様に見えたが、本当の大仏様はその先。

 

こんな私でも、無人の洞窟の中で灯りを消してお釈迦様に囲まれていると、雑念が去り心が研ぎ澄まされるようです。

中は真っ暗で撮影できないので省略。
霊感の強い人は行かない方がいいかも。

先日婚約したラオスっ子の実家からも
直線距離は近いんですが、
何しろ山の国。

何回も山越えするため、車で8時間くらいかかります。

行くならビエンチャンから飛行機ですね。
40分のフライトです。

【無料動画】年収1億円になったターニングポイントとは?


年収1億円になると選択肢が増え、
この現代社会ではとても生きやすくなります。

たとえば私も、
「値札を見ずに、欲しい物は即買いする」
「思い立った好きなときに世界を旅する」
「世界中に飲み友女子をつくる」
「女子高生と結婚する」
「世界各国でタワーマンションを所有する」
など、数々の夢を叶えてきました。

しかし私の学生時代は偏差値35、当然Fラン大学卒です。
なんとかして入れた会社では干され、25歳で時給800円のフリーターに転落。
サラ金から200万円の借金があり、残飯に手を伸ばしたことも・・・

そんな絶望的で惨めな人生を送っていた私が、
どうして年収1億円を達成できたのか。

その【ターニングポイント】を、すべてお伝えします。
ちなみに、寝ながら稼げる、ラクして稼げる系の話ではありませんので、その辺を期待している方はガッカリするので見ないほうがいいです。

学びがたくさん!怒涛の120分間!!(無料)

  

しかし、正攻法で成功したい方はぜひご覧ください。
私の半生から人生のヒントを得て、あなたも私と同じように、素晴らしい人生を手に入れて欲しいと思っています。


今すぐ無料動画を受け取ってください

限定公開動画のため、メールアドレス宛に動画URLをお送りします。期間も限定のため、今を逃すと視聴できない可能性があります。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。