義烏の中式KTVで、妹たちに尽くされた件

中国のKTVに行きたい!

と言われたので、突撃してきました。
私もここは2回目。

前回は下見で値段やサービス、キャストの顔だけ確認して何もせずに帰ったのだが、
マネージャーの名刺をもらっておいたので電話予約できた。

何事も下見、準備って大事だな。

中式KTVという言葉はないが、
日本式のキャバクラのことを日式KTVというので、それに対して従来型のKTVのことを指すようになったらしい。

部屋ごとに最低消費額が決まっていて、
その分だけ飲み食いすればOK。

この部屋は最低800元だった。
時間制限無し。

しかもビール1本20元。
安い・・・

誰が入れたのか江南スタイル。
我々を韓国人だと思ったマネージャーの粋な計らいだった。

おもてなしは嬉しいが、惜しいぞ!

♪オッパ〜 カンナムスタイル!

♪オッパ〜
♪オッパ〜
오빠〜〜!

ご存知「オッパ(오빠)」とは、韓国語で「お兄ちゃ〜ん」のこと。
ちなみにKTVの女の子のことを以前は小姐(シャオジエ)と言っていたが、最近は「妹妹(メイメイ)」というらしい。

その後、日本人だとバレたが、津軽海峡冬景色を入れてくれたりして、なかなかサービス精神がいい。

1年前の反日暴動は何だったんだ・・・。

 

スタッフもキャストの女の子も日本語はできないが
英語が出来る子はわりといる。

英語力の勉強にもなる!

女の子へのチップは別途。
付けているストラップの色で値段が決まっていて、200元と300元だった。

実に明朗会計!
3時間くらい飲んで歌って騒いできました。

ビジネスの相談について、佐藤が無料で回答します

様々な相談に佐藤が無料で回答する人気コンテンツ「みんなの質問に答えるよ」では、常時相談・質問を募集しております。

お答えできる私の専門分野は
・中国輸入ビジネス、仕入れやOEMについて
・インターネット物販、越境ECについて
・その他ブログでシェアしている内容
ですが、その他の質問でもOKです。

●回答はこちらのブログで行います。
●ブログは私が好きな時に更新していますので、回答まで数週間お待ち頂くこともあります。
●なお、完全に専門分野外の場合はスルーしますのであしからずご了承ください。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。