北朝鮮との国境の町、延吉へ

今日は中国、北朝鮮国境の町に来ています。タクシーで1時間も走れば北朝鮮です。

街はハングル文字が溢れていて、朝鮮民族が過半を占めています。 初めてここに来たのは2008年。中国の中でも発展速度が早い地域で、当時と比べると目覚ましい発展ぶりです。

 

日本が北朝鮮制裁をしている間にも、ここを経由して日本製品が大量に北朝鮮に流れています。 もちろん、仕事の方面でも色々仕込んでます。

私は日本人ですから今は関与するのは無理ですが、北朝鮮は莫大な可能性を秘めたマーケットですからね。

 

 

ビジネスの相談について、佐藤が無料で回答します

様々な相談に佐藤が無料で回答する人気コンテンツ「みんなの質問に答えるよ」では、常時相談・質問を募集しております。

お答えできる私の専門分野は
・中国輸入ビジネス、仕入れやOEMについて
・インターネット物販、越境ECについて
・その他ブログでシェアしている内容
ですが、その他の質問でもOKです。

●回答はこちらのブログで行います。
●ブログは私が好きな時に更新していますので、回答まで数週間お待ち頂くこともあります。
●なお、完全に専門分野外の場合はスルーしますのであしからずご了承ください。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。