中国義烏/イーウーの商品は、ベトナム・ホーチミンも席巻中・・・!

 

チャイナ+1なんて言われて久しいですね。
ちなみに、私はベトナム・ラオス・ミャンマーの順に検討中です。

どちらの国にも共通するのは中国と国境を接しており、中国製品が溢れていること。こうした新興国でも戦えるほど、中国製品はかくも競争力があるのでしょう。
しかし実際に見た事が無いので、来てみました。

今回訪れたのは、商都・ホーチミンシティ(サイゴン)です。
中心部からバイクで20分ほど走った郊外に、問屋街がありました。

中に入ると・・・とにかく通路が狭い!
もう押し合いへし合いです。
ドンキホーテもビックリの極狭通路ですが、
どうせ通路を広くとっても通路に商品を置くだろうから、同じ事なのでしょう(笑)

日用雑貨からアパレル、装飾、食品まで色々揃ってます。
何かに似ていると思いましたが、そうです。20年前の義烏です。

3年くらい前に閉鎖された「賓王市場」も、こんな感じでした。
(通路は広かったけどね)

どこかにスリが紛れ込んでいそうです。
怖いな~

 

私の得意分野というか、
かつて一儲けしたのは10元以下のアクセサリですが、
なぜか・・・こちらの方が高い。

外国人だからボラれているのかと思いましたが、
何件か聞いても似たような値段。
他のバイヤーの伝票を覗き見しても、まぁ適正な価格のようです。

それにしても、値段を聞くにも一苦労です。
当たり前といえば当たり前ですが、英語が全く通じません。しかも私の英語も発音がネイティブではないので、余計大変です(笑)

次回は、ベトナム人通訳は必須ですね。
道中も色々ボラれるし・・・バイクタクシーとか。

聞いてはいましたが、ベトナムはバイクが足なんですね。
これが10年後には、中国のように車に置き換わるんでしょう。

追伸 おっちゃんのバイクタクシー代は、15万ドンでした。またボラれたようです…

【無料動画】年収1億円になったターニングポイントとは?


年収1億円になると選択肢が増え、
この現代社会ではとても生きやすくなります。

たとえば私も、
「値札を見ずに、欲しい物は即買いする」
「思い立った好きなときに世界を旅する」
「世界中に飲み友女子をつくる」
「女子高生と結婚する」
「世界各国でタワーマンションを所有する」
など、数々の夢を叶えてきました。

しかし私の学生時代は偏差値35、当然Fラン大学卒です。
なんとかして入れた会社では干され、25歳で時給800円のフリーターに転落。
サラ金から200万円の借金があり、残飯に手を伸ばしたことも・・・

そんな絶望的で惨めな人生を送っていた私が、
どうして年収1億円を達成できたのか。

その【ターニングポイント】を、すべてお伝えします。
ちなみに、寝ながら稼げる、ラクして稼げる系の話ではありませんので、その辺を期待している方はガッカリするので見ないほうがいいです。

学びがたくさん!怒涛の120分間!!(無料)

  

しかし、正攻法で成功したい方はぜひご覧ください。
私の半生から人生のヒントを得て、あなたも私と同じように、素晴らしい人生を手に入れて欲しいと思っています。


今すぐ無料動画を受け取ってください

限定公開動画のため、メールアドレス宛に動画URLをお送りします。期間も限定のため、今を逃すと視聴できない可能性があります。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。