義烏でパソコンを買った・・・の巻

義烏滞在中は、普段持ち歩いているノートパソコンを使っているが、
長くいるときは、デスクトップの方が使い勝手がいい。

というわけでパソコンを買いに出掛けた。



義烏でパソコンを買うときは、
『電脳城』という、何だかイヤラシイ響きの場所に行く。
ここはパソコン関係の売り手が集まっている市場である。

日本でいえば、
秋葉原のラジオセンターみたいなものだろうか。

もちろんメーカー製PCもあるが、デスクトップならBTOモノが中心。
私はパソコンの自作は高校生以来やっていないので最近のパーツは分からないが、
必要なスペック、予算に応じて部品を選んでくれるから安心だ。

チョイスされたパーツがこれ。
これにケースを入れて、しめて1,300元(約17,000円)だった。

しかしボラれているかどうかよく分からないので、
この写真を撮って別の店で値段を聞いてみると、
1,350元だったり1,300元だったりと、ほぼ同じ。
どうやらここは良心的な店のようだ。

金を払うと、いざ組み立て開始。

しかし違う部品を使う可能性もあるので、
横でしっかり見張らなければならない。(笑)

中国では、何事も性悪説で行かないと。

最後にOSのことを聞かれた。
「WindowsXPでいいか?」と。
そうかそうか、確かにOSが無いと使えない。

日本語のWindowsXPはいくらか聞くと、
さすがに在庫はなく、取り寄せになるとの返事。

「中国語版ならタダで入れるアルよ?」…って、
おまいそれ海賊版だろ!

せっかくパソコンは30分で組み立ったのに、
OSがないとは…トホホ~であった。

(取り寄せでも、翌日には届いた。
 バンドル版で900元ほどだったから、日本で買うのと変わらないかな~?)

【無料動画】年収1億円になったターニングポイントとは?


年収1億円になると選択肢が増え、
この現代社会ではとても生きやすくなります。

たとえば私も、
「値札を見ずに、欲しい物は即買いする」
「思い立った好きなときに世界を旅する」
「世界中に飲み友女子をつくる」
「女子高生と結婚する」
「世界各国でタワーマンションを所有する」
など、数々の夢を叶えてきました。

しかし私の学生時代は偏差値35、当然Fラン大学卒です。
なんとかして入れた会社では干され、25歳で時給800円のフリーターに転落。
サラ金から200万円の借金があり、残飯に手を伸ばしたことも・・・

そんな絶望的で惨めな人生を送っていた私が、
どうして年収1億円を達成できたのか。

その【ターニングポイント】を、すべてお伝えします。
ちなみに、寝ながら稼げる、ラクして稼げる系の話ではありませんので、その辺を期待している方はガッカリするので見ないほうがいいです。

学びがたくさん!怒涛の120分間!!(無料)

  

しかし、正攻法で成功したい方はぜひご覧ください。
私の半生から人生のヒントを得て、あなたも私と同じように、素晴らしい人生を手に入れて欲しいと思っています。


今すぐ無料動画を受け取ってください

限定公開動画のため、メールアドレス宛に動画URLをお送りします。期間も限定のため、今を逃すと視聴できない可能性があります。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。