iPhone、スマートフォンでテレビが見られる便利機器!

昨晩は輸入起業を志している方々と合計6人で楽しい食事会でした。
それぞれ多様な社会経験をされていて、
そして今、同じ方向を向いている。
仲間って、心強いですね。

さて、私は移動時間が多いのですが、
「海外にいるときに日本のテレビが見たい
「電車の中でテレビを見たい」
(でも今スマートフォンでワンセグが見られない)
というワガママさんでもあります。

ある日、ネットを見ていたら
そんな私にピッタリの商品がありました。
ボルカノフロー(VULKANO FLOW)
米国モンスーン・マルチメディア社

アメリカの製品ですが、日本でも売っているようです。
これは自宅のテレビ映像を、
インターネットを経由してiPhoneやパソコンで見ることができるスグレモノです。

iPhoneだけでなくiPadでも見られますし、アンドロイドでも見られます。

うまくいけば電車の中や海外でも、
3GかWiFiさえ飛んでいればテレビが見られるのです。
しかもワンセグではなく普通の地上デジタル放送が。
うまくいけば。

で、アメリカ事務所の人に買ってもらったモノが届きました。
テレビの横にあるキーボードみたいな物が、ボルカノフローです。
その下の小さな箱は、地上デジタルチューナー。
チューナー代わりにDVDレコーダーでも良いんですが、
その理由は後述。

説明書通りにつないでみると、なんと…

おーっ、これは小生のパソコンですが、
同じ画面が映っています。

パソコン上でチャンネルを変える指示を出すと、
数秒遅れて映像が変わります。

つまりボルカノフローでできることとは…
1.ネット経由で、チューナー(DVDレコーダー)をリモコン操作することができる
2.その映像をネット経由で見ることが出来る
ということなんですねー。

リアルタイムにテレビを視聴するのはもちろん、
DVDレコーダーのハードディスクに録画している番組を、
時間のあるときに外出先で見られる
ということです。
これは便利。


<接続イメージ>

テレビアンテナ線を分岐させて、
一方をテレビに、一方をチューナー(DVDレコーダー等)に接続。
 →チューナーからAVケーブル(赤白黄)でボルカノフローに接続。

<使用イメージ>

ソフト・アプリ(iPhone、アンドロイド携帯、PC等)画面でリモコン操作。
例1) チューナーの電源をON → チューナーの電源が入る。
例2) チャンネルを2chにする → テレビのチャンネル2番が映る。
例3) 録画ボタンを押す → 録画開始。

そんな感じで、普段使っているリモコン操作(最初に学習させる)で、
DVDレコーダー、チューナーを操作して、
ネット経由で見ます。

私は海外で見たいだけなので
パソコンで見るのが殆どですが、
iPhone、iPad、アンドロイドで見るためには専用のアプリが必要です。

iPhone用は1500円位、アンドロイド用は13ドル位でDLできます。
(パソコン用は無料です。)

アメリカでは100ドル位(送料別)で販売されています。
円高の今なら、8,000円台でしょうか。

電波法周りもOKでしたので、
早速、ACアダプタを日本仕様にし、

当社でもメーカーから直輸入!
さっそく販売をスタートしました!
便利ですよ~ ^^

ボルカノフロー

【無料動画】年収1億円になったターニングポイントとは?


年収1億円になると選択肢が増え、
この現代社会ではとても生きやすくなります。

たとえば私も、
「値札を見ずに、欲しい物は即買いする」
「思い立った好きなときに世界を旅する」
「世界中に飲み友女子をつくる」
「女子高生と結婚する」
「世界各国でタワーマンションを所有する」
など、数々の夢を叶えてきました。

しかし私の学生時代は偏差値35、当然Fラン大学卒です。
なんとかして入れた会社では干され、25歳で時給800円のフリーターに転落。
サラ金から200万円の借金があり、残飯に手を伸ばしたことも・・・

そんな絶望的で惨めな人生を送っていた私が、
どうして年収1億円を達成できたのか。

その【ターニングポイント】を、すべてお伝えします。
ちなみに、寝ながら稼げる、ラクして稼げる系の話ではありませんので、その辺を期待している方はガッカリするので見ないほうがいいです。

学びがたくさん!怒涛の120分間!!(無料)

  

しかし、正攻法で成功したい方はぜひご覧ください。
私の半生から人生のヒントを得て、あなたも私と同じように、素晴らしい人生を手に入れて欲しいと思っています。


今すぐ無料動画を受け取ってください

限定公開動画のため、メールアドレス宛に動画URLをお送りします。期間も限定のため、今を逃すと視聴できない可能性があります。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。