最新のロボット掃除機「ルンバ760」使用レポート 770、780も発売!

このところ、掃除機って使いません。
だって、うちの掃除機は自分で起きて勝手に掃除してくれるんだもの。
…どうか、おかしな人と思わないで下さいね。
ルンバのことです。

ルンバ760が当社に来てから、しばらく経ちました。
日々活用しておりますが、なかなか優秀です。

これまでルンバ530、560を使ってきましたが、
集塵力が格段にパワーアップしているように思いますね~。

ルンバ500シリーズとの違いを挙げると…
・ダストボックスがエアロバックビンになったので、真空状態で吸引力が向上。
・HEPAフィルタになって排出される空気がキレイに。
・省エネ設計になった様子。電池の持ちが良い。うちのは連続2時間以上動いてます。
・ヘッドモジュールあたりがかなり改良された模様。長いヒモもちゃんと巻き付く。
 (取るのが大変ですが… ^^;) でもその都度エラーになって止まるよりはいい。
・デザインが近未来的でカッコイイ。

ルンバ700シリーズは、760、770、780の3ラインありますが、
掃除機としての性能はほぼ一緒です。

ルンバ700シリーズのそれぞれの違いを整理すると…
・760は、入門モデル。でもスケジュール機能は付いていて560より格上。
・770は、ゴミが満タンになると教えてくれる。(なる前にも)
・780は、操作盤がタッチパネル式。なんかセンスが良いです。でも高い。

500シリーズと比べると、かなり取れますよ~ゴミ。

オフィスを10分掃除してみたら、ほらこの通り。
ルンバちゃんの苦手なヒモが混ざっているのは、集塵テスト用です。
普段からヒモが放置されているわけではありません(笑)

で、一番何が変わったかというと、排出される空気です。
今回はフィルターがHEPAフィルターに変更になりました。
今までもアイロボット社はオプションでHEPAフィルタフィルターを用意していましたが、
今回は標準でHEPAフィルタになりました。

写真の左がフィルターの内側、右が外側です。
こんなに汚れるんですね~たった10分で。
ミクロのチリをつかみ取って、キレイな空気を排出します。
ハウスダストって心配ですからね。

そして今回のルンバには、
なんとハンドルの下にシリアルポートがあるのです!

これまでのルンバにも、分解するとシリアルポートがありましたが、
あくまでも専門家のための物でした。

しかし今回露出していると言うことは…、
何かユーザー自身でファームウェアの更新ができるような、
追加サポートがあるのかもしれませんね。楽しみです。

本体の他に、サプライ品が色々付いています。

ちなみにバーチャルウォール、リモコン、ホームベース(充電スタンド)、
ヘッドモジュールなどは500シリーズと共通のようです。

そして今回は紙のマニュアルに代わって
DVD-ROMが付いています。

動画で説明してくれるのはイイネ~
というわけで、使い方も十分熟知しましたので、
ACアダプタを PSE認証の日本向けの物に変えたうえで
昨日、販売開始しました!

ルンバ780【長期3年保証】 

当社は売りっぱなしではありません!
アフターサポートもしっかり!やってます。
もちろん、価格面でもメリットがあります!

というわけで
よろしくお願いします。

6,000人が読んでいる、成功思考が身につくメルマガ(無料)

偏差値35、時給800円のフリーターだった佐藤大介が、なぜ年収1億円を達成して自由な人生を手に入れられたのか。

このブログでは私がこれまで稼いできた方法はもちろんのこと、今現在手がけているビジネス、生活の質を上げるテクニック、日常の気付きを、無料でどんどんシェアしていますが、その最新情報をピックアップして週1回お届けするのがこのメルマガです。

ここから人生のヒントを得て、あなたも私と同じように、素晴らしい人生を手に入れてください。

今なら受講料トータル49,600円で開催したセミナーの録画ビデオ(ノーカット版)を無料でプレゼント中。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。