あのウエストがバンコクに!本場、博多うどんも食える!

博多うどんのウエストも、バンコクに出店していたので行ってみました。プロンポン駅から徒歩5分くらい。スクンビット・ソイ35とソイ33/1の間。フジスーパー1号店のすぐそばです。

普通に日本にある店舗っぽい外観。
タイですよ。

メニューは日本語でわかりやすい。

博多うどんはコシがヒジョーに柔らかく好みは分かれますが、うどんを「飲む」感じで私は好き。魚介ダシに薄口醤油で味付けしたスープも良く合います。日本と同じ味が日常的に楽しめるのはありがたい。

ざるうどん+ミニ親子丼セット。
100バーツ(350円)

かき揚げうどん+ミニカレーセット。
110バーツ(385円)

土日はセットメニューが半額。2人で腹いっぱい食べて800円くらい。
安くはないけど、タイ料理だってエアコン効いたところで食べたらこのくらいしちゃう。

 

満腹で通りに出ると、鯉のぼり🎏が泳いでいます。子供の日で柏餅も売っていたので買いましたが、日本と全く同じ味。

日本と同じ感覚で暮らせるので、中国から「日本に帰ってきた」感です。

このプロンポン界隈は日本人街と言われていて、
たぶん20%くらいは日本人かとw

バンコクには登録しているだけで約5万人の日本人が定住しているとのこと。
感覚的には10万人くらいいそうですね。

【無料動画】年収1億円になったターニングポイントとは?


年収1億円になると選択肢が増え、
この現代社会ではとても生きやすくなります。

たとえば私も、
「値札を見ずに、欲しい物は即買いする」
「思い立った好きなときに世界を旅する」
「世界中に飲み友女子をつくる」
「女子高生と結婚する」
「世界各国でタワーマンションを所有する」
など、数々の夢を叶えてきました。

しかし私の学生時代は偏差値35、当然Fラン大学卒です。
なんとかして入れた会社では干され、25歳で時給800円のフリーターに転落。
サラ金から200万円の借金があり、残飯に手を伸ばしたことも・・・

そんな絶望的で惨めな人生を送っていた私が、
どうして年収1億円を達成できたのか。

その【ターニングポイント】を、すべてお伝えします。
ちなみに、寝ながら稼げる、ラクして稼げる系の話ではありませんので、その辺を期待している方はガッカリするので見ないほうがいいです。

学びがたくさん!怒涛の120分間!!(無料)

  

しかし、正攻法で成功したい方はぜひご覧ください。
私の半生から人生のヒントを得て、あなたも私と同じように、素晴らしい人生を手に入れて欲しいと思っています。


今すぐ無料動画を受け取ってください

限定公開動画のため、メールアドレス宛に動画URLをお送りします。期間も限定のため、今を逃すと視聴できない可能性があります。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。