中国で床屋(髪を切る方)に行く・・・の巻!

広州や上海は、床屋が安い。床屋と行っても、風俗じゃなくて理髪店の方ですよ。
私の場合はあえて強調しなければならないw

 

 

髪を切りたくなったら、美团(メイトァン)
ホットペッパーみたいなアプリです。

アプリで検索すると付近の店がザザッと出てくるので、
レビューをみて、クーポン購入、即予約。AlipayかWechatPayで支払います。

予約は電話しなければなりませんが、大抵即日予約可能です。
今日は平日のお昼すぎだったので「いつ来てもいいよ」とのことなので即行ってみました。

まずは美女による洗髪→肩マッサージ。これが念入りすぎて、10分位マッサージしていたw
いやぁ前半が気持ちよかった・・・(風俗じゃナイヨ)

んで、ホットペッパーと少し違うところは、レビュー。
中国はお客さんが顔出しでどんどんレビューを書いている。しかも綺麗な人が多い。でもその理由が分かった。

サービス完了時に、美容師がお客さんを口説く。そしてお客さんのスマホをいじって、いい評価を書いているのだw

まぁ全部の店がそうじゃないだろうけどネ。

というわけで、夏らしくスッキリ!
広州の春も暑いけど、バンコクは40度近くまで上がってますからね。

田舎町だと腕は良くない事が多いけど、
上海、深セン、広州なんかは十分使えます。

洗髪してカットしてセットして36元(約600円)でした。

6,000人が読んでいる、成功思考が身につくメルマガ(無料)

偏差値35、時給800円のフリーターだった佐藤大介が、なぜ年収1億円を達成して自由な人生を手に入れられたのか。

このブログでは私がこれまで稼いできた方法はもちろんのこと、今現在手がけているビジネス、生活の質を上げるテクニック、日常の気付きを、無料でどんどんシェアしていますが、その最新情報をピックアップして週1回お届けするのがこのメルマガです。

ここから人生のヒントを得て、あなたも私と同じように、素晴らしい人生を手に入れてください。

今なら受講料トータル49,600円で開催したセミナーの録画ビデオ(ノーカット版)を無料でプレゼント中。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。