ラオスから陸路でタイへ〜友好橋

3度目のラオス、ビエンチャン。
ここは首都にも関わらず、隣国タイとの国境にあります。

普通、首都って防衛上、もう少し奥に作るような気もしますが、
Wiki先生によれば、昔のランサーン王国時代は、タイ東北部も同じ王朝が支配していたようです。

タイ東北部はイサーン地方と呼ばれ、そこに住むのはイサーン人。
でも民族的なルーツはラオス人と同じです。

で、一時期はタイの支配下になったものの、
英仏など列強各国が植民地支配する際に、メコン川で分けられた感じですね。

このままじゃタイ東北部までフランスに分割占領されちまう!
というわけで、
タイの政策でタイ東北部にいるラオス人はイサーン人と改称されました。

ここはラオスじゃないよ、ってことですね。

でもこれ、ほんの100年前の話。
今でもイサーン人は、
自らのルーツがラオス人であると認識している人が多いみたい。

で、戦争や帝国主義が廃れた今は、
普通に往来が活発です。

こんなバスに乗って
メコン川を渡るとすぐタイ側。

 

ノンカーイです。

こちら側のスーパーは品数豊富で安いので、
ラオス人が大挙して買い物に来るらしい。

香港と深セン、
ジョホールバルとシンガポールみたいなもんか。

値段を見る限り、ラオスに持ってくるだけで1.5倍で売れる模様。
しかも関税なんて払ってないだろうし・・・

ATMも日本語対応で便利です!

 

ラオスはタイバーツが通用しますが、
ラオス国内でタイバーツの調達は出来ません。

正確にいうと、両替屋でできるんだけどレートが激悪!

ラオスの金融政策は、日本と同じく量的緩和なんだけど、
一言で言えば金が足りなきゃ輪転機を回せば解決w というとんでもない金融政策です。

1997年アジア通貨危機の際にも輪転機を回しまくり、
1998 年に+91%、1999 年に+128%という天文学的なインフレ率を記録しました。

お金を持ってると価値が半分、そのまた半分になるという・・・

そんなわけで、国民はLAK(ラオスキープ)より、
米ドルを信頼するし、
今では安定しているTHB(タイバーツ)も信用されるというわけですね。

今回も貿易面でいろいろ勉強になったなぁ。

 

 

ビジネスの相談について、佐藤が無料で回答します

様々な相談に佐藤が無料で回答する人気コンテンツ「みんなの質問に答えるよ」では、常時相談・質問を募集しております。

お答えできる私の専門分野は
・中国輸入ビジネス、仕入れやOEMについて
・インターネット物販、越境ECについて
・その他ブログでシェアしている内容
ですが、その他の質問でもOKです。

●回答はこちらのブログで行います。
●ブログは私が好きな時に更新していますので、回答まで数週間お待ち頂くこともあります。
●なお、完全に専門分野外の場合はスルーしますのであしからずご了承ください。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。