中国人妻と離婚。そして何もない国、ラオスへ・・・

私事、というかここは個人のブログなんで憚れれるものでもないんだけど、
今月上旬に離婚しました。

ちょっとゆっくり考え事したくて、
たどり着いたのはラオス。


まずは街を探索。
埼玉県警に防犯登録されているママチャリを借りた。1日10000キップ(150円)

どうやら市街地はイーウーのそれと同じくらいの面積らしいので、探検しながらまずは街を覚えよう。

バラックみたいな建物を入ると、市場だった。

 

この車両、都バスではないか。
日本からの寄付らしい。

 

旅人にラオスってどんな国か尋ねると、
「なにもない、がある」と答えるらしい。

それを聞いて、
俺も似たようなもんじゃないかと思った。

ラオス初ご飯は
ガパオライス。

辛かった。
でもま、俺の人生も似たようなもんじゃないかと思った。
(くどい)

夜になった。
ここでは知り合いが誰もいない。
・・・ので、地元のオッチャン、オネーサンと仲良くなるのが一番近道。

イーウー市内では遂に絶滅したトゥクトゥク(三輪車)もここでは健在だった。

とりあえずコーヒーがうまいことと、市中では英語も中国語も通じないこと、でもボッたくろうとする人がいないことは分かった。

ラオスの国民ビール、ビアラオで乾杯。

 

誰も彼もが素朴で親切でボッタうろうとしなかった。
トゥクトゥクを除いてw

3泊の短い滞在だったが、
不思議な縁を感じる出会いがあった。

また近い内にラオスに来ることになる気がする。

 

【無料動画】年収1億円になったターニングポイントとは?


年収1億円になると選択肢が増え、
この現代社会ではとても生きやすくなります。

たとえば私も、
「値札を見ずに、欲しい物は即買いする」
「思い立った好きなときに世界を旅する」
「世界中に飲み友女子をつくる」
「女子高生と結婚する」
「世界各国でタワーマンションを所有する」
など、数々の夢を叶えてきました。

しかし私の学生時代は偏差値35、当然Fラン大学卒です。
なんとかして入れた会社では干され、25歳で時給800円のフリーターに転落。
サラ金から200万円の借金があり、残飯に手を伸ばしたことも・・・

そんな絶望的で惨めな人生を送っていた私が、
どうして年収1億円を達成できたのか。

その【ターニングポイント】を、すべてお伝えします。
ちなみに、寝ながら稼げる、ラクして稼げる系の話ではありませんので、その辺を期待している方はガッカリするので見ないほうがいいです。

学びがたくさん!怒涛の120分間!!(無料)

  

しかし、正攻法で成功したい方はぜひご覧ください。
私の半生から人生のヒントを得て、あなたも私と同じように、素晴らしい人生を手に入れて欲しいと思っています。


今すぐ無料動画を受け取ってください

限定公開動画のため、メールアドレス宛に動画URLをお送りします。期間も限定のため、今を逃すと視聴できない可能性があります。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。