露天で50年前の中国雑誌を買う・・・の巻!

起きたら何だが騒がしいのでカーテンを開けると、マンションの前が酉の市みたいになっていた。

あと数日で春節。飾り物や爆竹を売る店が立ち並び…それに便乗して農家は野菜を並べ、問屋は売れ残りを叩き売り、若い子は手作りクッキーを売ってます。

 

さすがは義烏、商売人ばかりです。売り場ができると噂が噂を呼び、次々に露店が増えて道の真ん中にもゴザを敷いて商品が並び始め、フリマ状態になってついに警察が来て排除するのかと思ったら、城管と話し合って、結局コーンを置いて道路を通行止めにしてしまいました(笑)

で、私はガラクタ露天商で1967年のグラフ誌を物色。思わず買っちゃいました。

特集はウイグル族をはじめ、人民解放軍に“解放”された少数民族が偉大なるを讃える為に毛沢東に会いに来たというニュース。

世界で1番紅い太陽は?
【天安門の太陽=毛沢東】
世界で1番素晴らしい人は?
【毛沢東】
世界で1番幸せなことは?
【毛沢東主席と会うこと】
などのオンパレードです。写真を見ると幸せそうですね。

その他、ベトナム戦争も絡んで【アメリカ人は家に帰れ】とアジア民族が毛沢東の指導の元で大団結しつつある姿が宣伝されています。そんな野望まであったのか〜。

1967年といえば、かの文化大革命が本格化した頃ですから、この内容は文革パロディではなくてかなり本気モードの内容w

戦争中の内閣情報局が出してた大本営発表の週報(コレクションしてます)ともども、なかなか研究のしがいがありそうです。

 

 

 

【無料動画】年収1億円になったターニングポイントとは?


年収1億円になると選択肢が増え、
この現代社会ではとても生きやすくなります。

たとえば私も、
「値札を見ずに、欲しい物は即買いする」
「思い立った好きなときに世界を旅する」
「世界中に飲み友女子をつくる」
「女子高生と結婚する」
「世界各国でタワーマンションを所有する」
など、数々の夢を叶えてきました。

しかし私の学生時代は偏差値35、当然Fラン大学卒です。
なんとかして入れた会社では干され、25歳で時給800円のフリーターに転落。
サラ金から200万円の借金があり、残飯に手を伸ばしたことも・・・

そんな絶望的で惨めな人生を送っていた私が、
どうして年収1億円を達成できたのか。

その【ターニングポイント】を、すべてお伝えします。
ちなみに、寝ながら稼げる、ラクして稼げる系の話ではありませんので、その辺を期待している方はガッカリするので見ないほうがいいです。

学びがたくさん!怒涛の120分間!!(無料)

  

しかし、正攻法で成功したい方はぜひご覧ください。
私の半生から人生のヒントを得て、あなたも私と同じように、素晴らしい人生を手に入れて欲しいと思っています。


今すぐ無料動画を受け取ってください

限定公開動画のため、メールアドレス宛に動画URLをお送りします。期間も限定のため、今を逃すと視聴できない可能性があります。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。