なかなか「これだ!」という商品に絞り込めていない〜中国輸入ビジネスでの商品リサーチの考え方

皆様からのあらゆる質問に私・佐藤がズバリお答えするコーナーです。
本日はM.Hさんから中国輸入のはじめ方について、ご質問をいただきましたのでお答えいたします。
※本名でのご連絡でしたが、プライバシーに配慮してイニシャルにさせていただきました。ご回答についてはこちらの質問投稿フォームにあるとおり個別ではなく、このブログ上でお答えしますのでご了承くださいね。

 

佐藤大介先生

初めまして。先日より中国輸入転売の資料をお送りいただき、動画などを拝聴しておりますM.Hです。

この度沢山の資料をお送りいただき誠にありがとうございます。日々動画を見て勉強させていただいておりますが、何分にも、これまでネットでの販売などの経験が全くなかったために、まだまだわからないことが多く、日々勉強させていただいております。今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

私の目標は、現在一サラリーマンとして働いておりますが、副業として中国輸入転売でまず初めの準備資金を確保して、いずれメーカーとして商品を販売できるように目指しております。

1、2019年春より輸入転売開始 売り上げ10万円/月を目指して、資金がある程度確保

2、OEM作成→アマゾンにて販売で売り上げを倍に伸ばしてメーカーとして法人を設立。

1の目標は東京オリンピック開催ごろまでに実現
2の目標は大阪万博までに実現を目指して頑張りたいと考えております。

現在は初めの商品買い付け費用をの少しでも助けになるよう、昨年末から初めてメルカリも初めました。

イーウー買い付けは今年ゴールデンウィークに一度挑戦したいと考えております。

現在4/28にイーウー入りして、4/29~30日の二日間ではありますが、一度イーウー買い付けもチャレンジ出来ないかと、かなり無謀な計画も考えております。一応御社の営業カレンダーを元に計画をしているのです、4/28日は御社はお休みなので前日の打ち合わせなど難しいですよね。

それより商品リサーチが何度やってもなかなかこれだという商品に絞り込めておりません。
基本服飾雑貨(カバン、帽子、小物雑貨など)に焦点を当てて取り組んでみたいと考えております。

自分なり商品リサーチしてピックアップした商品のリストを添付いたします。大変お忙しい中誠に恐れ入りますが、もし何かアドバイスなどいただければ幸いです。

突然のメールにて厚かましいお願いで申し訳ございません。現在でも心の中で色々葛藤などもありながらではございますが、今年は何とか新たな一歩を踏み出したいと思っております。

何卒ご指導ご鞭撻よろしくお願いいたします。

ご質問ありがとうございます。動画が少しでもお役に立てて、私も嬉しく思います。
まずは副業からのスタート、堅実でこれは正しい始め方です。メルカリも既に始められていて、まず一歩踏み出したというのは行動力がありますね。

ただ、スケジュール的に大阪万博は遠すぎるので、東京オリンピックには2が達成できているくらいのスピード感で行きましょう。

ビジネスは内部要因(副業の場合は本業の状況など)、外部要因(ライバル、市場全体の状況)が複雑に作用して計画通りには行かないものですが、成功するためには常に即座にスピード対応してその時点で最善の方向に舵を切り続ける行動力が必要です。ぜひ念頭に置いて頂ければ幸いです。

さて、まずアテンドの件ですが、到着日が日曜日であっても事前打ち合わせ自体は可能です。
時間帯によりますので、お申込後にご相談下さい。義烏(イーウー)への到着が18時頃までであれば、打ち合わせ可能です。上海から入国する場合には12時頃までに到着する便でお越し頂ければ、義烏(イーウー)には17時半ごろに着くと思います。

事前打ち合わせ自体は、渡航1週間前から中国側アテンド担当社員とチャットワークやSkype電話で可能になります。渡航前に済ませることをお勧めします。

またリサーチリストについてですが、
一生懸命作られたものだと思いますので、一つだけピックアップして掲載します。

これですね。

→Amazonの実際の商品ページ

たしかに、そこそこ売れている商品です。

が、これと同じものを探しても意味がありません。なぜならば同じ商品ページで売るわけではないからです。同じ商品を仕入れて転売するなら、現地に行く必要はありません。日本に居ながらタオバオ、中国版アリババ(1688.com)転売でも十分です。

こんな感じで、アリババで3個から買えます。
実際に3個で仕入れることはあまりないと思います。1色20個、2色で40個とかになるでしょう。

送料が気になりますが、他にも色々仕入れて、合計100kg仕入れると国際送料は1kgあたり10元です。この料金は、私が経営するイーウーパスポートで出荷する際に適用される特別割引価格です。この商品は800gなので、梱包材を含めると平均900g、1個あたりの送料は9元です。


53元の仕入れなら、国際送料9元を加えて62元。
輸入消費税、関税を入れて1,200〜1,300円くらいになります。

FBA料金シミュレータにかけてみましょう。

2,500円販売だと、シミュレーション上は363円の利益ですが、吹けば飛んでしまう程度の利益です。最低でも利益率30%は見込めなければ、やってはいけません。
3,500円で販売できれば、利益1213円・利益率35%となりますので、まぁまぁです。私もやる気が出ます。

では3,500円で売るためにはどうしたらいいのでしょうか。
当然、アリババからそのまま仕入れてAmazonで売っても、3,500円で売るのは困難です。だって2,500円とか2,700円で売っているセラーが既にいるんですから。

そこではじめて、中国に行って仕入れるのです。
つまりOEM(自社ブランド名にする)、ODM(デザインも変えて作る)にチャレンジするということです。

前置きが長くなりましたが、
こうした売れ筋を見つけたら、それよりももっと良い商品を作りましょう。

次にやるのはレビュー調査です。

ここで注目すべきは星1や2です。
星1だとこんな感じ。

ファスナーについてのクレームが続いています。
質が悪いものを使っているのでしょう。

次、星2のレビューは・・・

・商品ページで、サイズ感がしっかり伝わっていない。
・防水仕様ではない。
ということが分かります。

日本市場においては、パソコンを入れるリュックサックで、
防水でないというのはかなり致命的では似かと思います。

このように星3,4,5の評価もしっかりチェックし、
改善項目をこんな感じでまとめます。

これは昔私がリュックサックをODMしたときのものですが、
こうしたアイディアを10個程度まとめてから現地に行きます。

そして問屋街を歩き、似た商品を見つけたら、
その問屋(サプライヤー)とODM交渉をします。

義烏(イーウー)では、商品を改善・製造するときも、
細かな仕様書を作らずともこんな感じでサクッと伝えれば出来てしまうし、
300個、500個といった単位でチャレンジできるのが強いです。

広州はもっと小ロットですが、単価が上がります。
まだまだ、ネットショップと相性が良いのは義烏(イーウー)ですね。

 

現地仕入れを決めているということなので、
今からでもアリババで在庫品仕入れ→Amazon、メルカリ販売を進めておきましょう。2ヶ月やれば大分、掴めてきます。

OEM、ODMはそれからです。

イーウーパスポートの義烏(イーウー)仕入れアテンドの申込はこちら。
義烏アテンド歴5年以上のベテラン正社員がアテンドしますので、どこよりも成果が出せます。

ビジネスの相談について、佐藤が無料で回答します

様々な相談に佐藤が無料で回答する人気コンテンツ「みんなの質問に答えるよ」では、常時相談・質問を募集しております。

お答えできる私の専門分野は
・中国輸入ビジネス、仕入れやOEMについて
・インターネット物販、越境ECについて
・その他ブログでシェアしている内容
ですが、その他の質問でもOKです。

●回答はこちらのブログで行います。
●ブログは私が好きな時に更新していますので、回答まで数週間お待ち頂くこともあります。
●なお、完全に専門分野外の場合はスルーしますのであしからずご了承ください。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。