LAZADAで売るなら、義烏か広州の拠点にを置くと良いよ

苦節半年。。。
ここ最近、Lazada.comでもようやく売れて来ました。いやーノウハウ全然無いところからのスタートでしたから、大変でした。

LAZADAはまずマレーシアで売って、実績が出るとASEAN各国でも売れるようになります。

んで独自の配送システムがあり、
お客様に直接国際発送する必要はなく、いくつかある配送センターに送れば良いんですね。

各国の購入者には、そこから発送してくれます。しかもかなり安い。

FBAみたいに予めストックしておく必要はなくて、
売れる都度、送ればOK。

でその配送センターというのが、
中国では義烏と広州にあるんです。
どちらも貿易の拠点ですからね。

LAZADA配送センターは義烏空港の近くにあり、
うちから自転車でもいけますw


管理画面から、ラベルを打ち出せて、これだけでOK。

 

メイドインチャイナでも、
日本デザインを押して、安売りせずに正当な価格で売りたい。

LAZADA内のSEOの仕組みがよくわからず、
苦戦中ですが、頑張ります。

まずはマレーシアで売って、
それからASEANでもしっかり売って行きます。

 

6,000人が読んでいる、成功思考が身につくメルマガ(無料)

偏差値35、時給800円のフリーターだった佐藤大介が、なぜ年収1億円を達成して自由な人生を手に入れられたのか。

このブログでは私がこれまで稼いできた方法はもちろんのこと、今現在手がけているビジネス、生活の質を上げるテクニック、日常の気付きを、無料でどんどんシェアしていますが、その最新情報をピックアップして週1回お届けするのがこのメルマガです。

ここから人生のヒントを得て、あなたも私と同じように、素晴らしい人生を手に入れてください。

今なら受講料トータル49,600円で開催したセミナーの録画ビデオ(ノーカット版)を無料でプレゼント中。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。