アマゾンの規約変更(セール価格の設定)

またアマゾンでの規則が変わりました。

今回は、セール価格についての規制です。
セール価格の設定に関するルールを追加されました。
最近、楽天等他のモールでも2重価格の問題などがありましたが、消費者庁から指摘があったのでしょうか。
中国輸入をしているセラーは、価格を自由に決められるので
メーカー希望価格を高くしておいて、販売価格を下げるといった
ことをされている方もいたかと思います。

このメーカー希望価格を高くするという手法は、前回の規約変更で規約違反となってしまいました。

そこで、セール価格を利用して実売価格をさげて販売するといったことや、
常時セール価格でお得感を出して販売する手法もありました。

中には、50%OFFや90%OFFなどでいつもセールをしているセラーもいます。

そんな、セール価格を利用して販売する方法が今回の規約変更で、規約違反になってしまいます。

今回の規約の変更は、
「主に法令順守徹底の観点から、消費者庁の見解等に基づき、消費者に誤認を与えるおそれがあるセール価格の表示が禁止されることを確認するものです。」
とのことです。

主な変更は下記のとおりです。

  1. セール価格を設定する直前2週間以上の販売履歴がない商品については、セール価格は設定できない。
  2. セール価格の設定期間(セール開始日~セール終了日)は、、最長1ヶ月。 
     各カテゴリ毎に例外があり、ファッションカテゴリではセールを設定できる期間は最長で 15 週間。
  3. セール終了後に同じ商品でセール価格を設定する場合は、(不当景品類及び不当表示防止法(景品表示法)等)に従い、必要な期間を空けた上で設定が必要がある。
  4. 販売価格および参考価格をそれまでより高く設定したり、根拠のない価格に設定することは、適用ある法令上問題となる場合がある。

ルールに基づかないセール価格が発見された場合、商品ページの削除、出品の一時停止、出品資格の永久停止等を含む、措置が取られる場合があります。
どこまで、厳格にルールが適用されるかわかりませんが、アカウントに影響することなので
今一度、出品内容を確認して慎重に対応してください。
参考URL(アマゾン公式ページは、セラーセントラルへのログインが必要です)

アマゾン公式(商品登録ルール)
https://sellercentral.amazon.co.jp/gp/help/200329080/ref=su_jp_170426

アマゾン公式(セール価格のガイドラインのFAQ)
https://s3.amazonaws.com/JP_AM/Rules/FAQ.pdf

消費者庁ホームページ 不当な価格表示についての景品表示法上の考え方
http://www.caa.go.jp/representation/pdf/100121premiums_35.pdf

6,000人が読んでいる、成功思考が身につくメルマガ(無料)

偏差値35、時給800円のフリーターだった佐藤大介が、なぜ年収1億円を達成して自由な人生を手に入れられたのか。

このブログでは私がこれまで稼いできた方法はもちろんのこと、今現在手がけているビジネス、生活の質を上げるテクニック、日常の気付きを、無料でどんどんシェアしていますが、その最新情報をピックアップして週1回お届けするのがこのメルマガです。

ここから人生のヒントを得て、あなたも私と同じように、素晴らしい人生を手に入れてください。

今なら受講料トータル49,600円で開催したセミナーの録画ビデオ(ノーカット版)を無料でプレゼント中。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。