初月で89位に到達したよ!Aamzonシューズ・バッグ売上ランキング

タイ🇹🇭渡航禁止令がかかっている、1商品で3ヶ月以内に月商300万円プロジェクト。
とりあえず初月の月商は、58万円でした。

この商品。

ちなみにブランド名のTeinaってのは今付き合っているラオス人の子の名前です。

別れたら面倒ということもあるが、
それ前提にしちゃ駄目っしょw

総括すると、最初の1週間でAmazonシューズ・バッグ売上ランキングで100位以内に入ってヨッシャーと思った途端、売れ筋の2カラーが売り切れ。


春節中なので補充ができず、月末にようやく入荷。中国輸入はここが注意ポイントですね。

 

どうしてここまで売れるのか。
それは私が常々セミナーや、無料動画でお話ししているとおりで、たった2つを気にしているだけ。

1つめは、セッション数を伸ばすこと。
ページを見てもらわなきゃ何にもなりません。

2つめは、転換率を上げること。
ページを見てもらっても、買っていただかなければ意味がありません。

転換率が2%だと、
要するに100人のうち、98人が「買わない」という選択をしたということです。

私はナンパはしたことないんですが、
すごいタイプの子を街で見かけることってありますよね。

転換率2%だと、
確率的には50人に声をかけて、1人がお茶してくれる状態ですよね。

これ50人に達する前に、心折れますって絶対。
だから私はナンパをしないんです。いきなり声をかけても私の場合は年齢も30後半で、イケメンじゃないから転換率が低いと踏んでいるからですね。

転換率を高めるためには、まずその辺を解決しないといけない。

まぁムリなものはムリなんで、年齢も顔も変えられませんが、できる範囲で頑張るわけです。髪型や服装に清潔感をもたせて、笑顔で声をかける練習を繰り返し、常に臨戦態勢のまま日常を過ごしてドンピシャの娘に遭遇する瞬間を待つわけです。なんだかんだ言って、第一印象が大事ですよ。

脱線しましたが、ネットショップの転換率もこれと同じことです。

ネットショップの場合はお見合いみたいなもので、
お客様側も「欲しいものがある」わけです。

それとドンピシャなものを作り、
ページを見てもらったら「うんうん、そうそう、これこれ」と、ポチッとカートに入れて貰えればよいわけです。

よって買わない理由を排除すれば良いんですね。

そこで一番影響のあるのって何か分かりますか。
まず商品がドンピシャなものかどうか。欲しいものかどうかですね。リュックを探しているのにタワシは売れません。

次に「他の人はどう思っているのか」レビュー、評価ですね。

価格も大事ですが、価格が競合類似品よりも何割か高くても、「他の人が評価している」もののほうが安心です。

とうわけで、この商品もレビューが順調に増えてます。
購入者の約8%の方がレビューを書いてくださっています。

実は普通にしているとそんな割合でレビューは入りません。
せいぜい3〜4%です。

その仕掛けは「レビュー自動依頼システム」。
イーウーパスポート会員の方は、無料でお使い頂けるツールとして公開中です。


これね。

商品が良いことは大前提ですが、
それをしっかりサポートするツールとして、結構使えてます。

イーウーパスポート会員の方は無料開放しているので、
ぜひ使ってみてね。

 

 

【無料動画】年収1億円になったターニングポイントとは?


年収1億円になると選択肢が増え、
この現代社会ではとても生きやすくなります。

たとえば私も、
「値札を見ずに、欲しい物は即買いする」
「思い立った好きなときに世界を旅する」
「世界中に飲み友女子をつくる」
「女子高生と結婚する」
「世界各国でタワーマンションを所有する」
など、数々の夢を叶えてきました。

しかし私の学生時代は偏差値35、当然Fラン大学卒です。
なんとかして入れた会社では干され、25歳で時給800円のフリーターに転落。
サラ金から200万円の借金があり、残飯に手を伸ばしたことも・・・

そんな絶望的で惨めな人生を送っていた私が、
どうして年収1億円を達成できたのか。

その【ターニングポイント】を、すべてお伝えします。
ちなみに、寝ながら稼げる、ラクして稼げる系の話ではありませんので、その辺を期待している方はガッカリするので見ないほうがいいです。

学びがたくさん!怒涛の120分間!!(無料)

  

しかし、正攻法で成功したい方はぜひご覧ください。
私の半生から人生のヒントを得て、あなたも私と同じように、素晴らしい人生を手に入れて欲しいと思っています。


今すぐ無料動画を受け取ってください

限定公開動画のため、メールアドレス宛に動画URLをお送りします。期間も限定のため、今を逃すと視聴できない可能性があります。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。