洗濯表示マークが変更になります

2016年12月から衣類の洗濯表示が変更になります。

新しい選択表示マークをみましたか?

 

いまでとは大きく変更となっています。
OEM製品のタグを作る時には気を付けましょう。

 

洗濯の方法や乾燥、アイロンのやり方などを示した洗濯表示は、
これまで日本では独自のものを使用していましたが、
2016年12月以降は国際的に通じるものへと変更されることになりました。

新しい表示は記号のデザインが変更されただけではなく、
記号内の日本語などの文字はなくなり、付記記号や数字が使われ、
種類も22種類から41種類に増えることでより細かな表示方法にかわるので
見た目も考え方も大きく変わります。

日本語表示がなくなりましたので、いままでの表示に慣れ親しんだ方には
わかりずらくなったと思います。

 

では、なぜいま変更となったのでしょうか。

欧米には洗濯物を自然乾燥させるという習慣がなかったため、
国際規格には自然乾燥を示す記号がありませんでした。

そこで日本が働きかけて、国際規格に加えられ国際規格が改正されました。

その後、日本の国内規定である繊維製品品質表示規定を改正しました。

 

いままでの表示は日本独自のものでしたので、
衣類を外国から輸入したりするときに、洗濯表示のタグを付け替える必要が出てきてしまいます。
また、国内製品を海外へ輸出した際には海外の消費者には
日本の洗濯表示タグでは伝わりにくいということがあります。

消費者としてはわかりにくくなってしまったので今まで通り日本独自のほうが良かったかもしれません。

既存のタグを付け替える場合でもマークについて気にする必要がなくなるので
中国輸入ビジネスをしてる人にとっては便利になりました。

しかしながら、OEMをする人はタグに連絡先を記載する必要があるので
いずれにしてもタグを新たに作成する必要があるでしょう。

 

タグ表示の切り替えのタイミングですが、
平成28年12月1日の施行目前の販売は、現行のJIS表示を使い、施行日以降は新JISの表示を行います。
経過措置として、施行目前に現行JISの表示を行った製品は施行日以降もそのままの表示で差し支えありません。

OEM製品の洗濯ラベル表示を作成する際には気を付けましょう。

これから作成するOEM商品には新しい表示にしたほうが良いでしょう。
詳細は、下記の消費者庁のサイトでご確認ください。
http://www.caa.go.jp/hinpyo/guide/wash.html
http://www.caa.go.jp/policies/policy/representation/household_goods/laundry_symbols.html
http://www.caa.go.jp/policies/policy/representation/household_goods/pdf/laundry_symbols_161104_0001.pdf

ビジネスの相談について、佐藤が無料で回答します

様々な相談に佐藤が無料で回答する人気コンテンツ「みんなの質問に答えるよ」では、常時相談・質問を募集しております。

お答えできる私の専門分野は
・中国輸入ビジネス、仕入れやOEMについて
・インターネット物販、越境ECについて
・その他ブログでシェアしている内容
ですが、その他の質問でもOKです。

●回答はこちらのブログで行います。
●ブログは私が好きな時に更新していますので、回答まで数週間お待ち頂くこともあります。
●なお、完全に専門分野外の場合はスルーしますのであしからずご了承ください。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。