不良率対策や思った通りのOEM商品を作るための工夫

OEM商品を作るにあたっての不安な点として「できあがった商品が想像していたものと違った」とか「受け取ってみたら不良品が多かった」ということが起こらないか不安です。

満足のいく品質で、意図した通りのOEM商品を作るためには
良い工夫の仕方はありますか?

よろしくお願いいたします。

(ペンネーム:STさん)

STさんの
「満足のいく品質」
「意図した通りのOEM商品」というものを、
正確に相手に伝えることが大切です。

つまりコミュニケーションを取るということで、
私であれば、満足のいく品質にならなかった=相手が品質を理解していなかった=伝え方が悪い可能性がある、と考えます。

意図したとおりに仕上がらないのも、説明不足かもしれません。

検品基準を文字だけ、写真だけでしか伝えていないのかもしれません。

私はイーウーで作ることが多いのですが、
商品を作る際には、
必ず自分がイーウーに行き、現物を見せながら直接工場側に説明していました。

充電式カイロや加湿器といった機械製品を作る際は、
深センに行きましたし、
アウトドア用品で良い工場見付かり、そこが広州にあったときは広州に赴きました。

20万円、30万円のオーダーでも、
それと同じくらいの費用をかけて、武漢とか成都とかアモイとか、それこそ中国各地に行きました。

それは私が「現地に行き、現物で説明する」これが大切だと思っているからです。

6,000人が読んでいる、成功思考が身につくメルマガ(無料)

偏差値35、時給800円のフリーターだった佐藤大介が、なぜ年収1億円を達成して自由な人生を手に入れられたのか。

このブログでは私がこれまで稼いできた方法はもちろんのこと、今現在手がけているビジネス、生活の質を上げるテクニック、日常の気付きを、無料でどんどんシェアしていますが、その最新情報をピックアップして週1回お届けするのがこのメルマガです。

ここから人生のヒントを得て、あなたも私と同じように、素晴らしい人生を手に入れてください。

今なら受講料トータル49,600円で開催したセミナーの録画ビデオ(ノーカット版)を無料でプレゼント中。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。