中国からAmazon.comFBAへの直送について

お世話になります。
先日のセミナーではお世話になりました。

中国からAmazon.comFBAへの直送についてご質問です。

1.Fedex、DHLともにYPさんで関税立て替え払い出来るので、
受取拒否のリスクは無いということでよろしいでしょうか?

2.米国でのインポーターライセンスを持っていない業者さんが、
.comFBAに直送すると受取拒否される確率が高い
というお話を聞いたことがあります。
YPさんは、インポーターライセンスをお持ちだということでしょうか?

3.中国から米国への直送ですと、.comで売上があがっても日本での消費税還付対象にならない。
というお話を聞いたことがあります。
その認識で合っていますでしょうか?

他で聞いた話ばかりで申し訳ございません。
よろしくお願いいたします。

(ペンネーム:masaさん)

お答えいたします。

>1.Fedex、DHLともにYPさんで関税立て替え払い出来るので、
受取拒否のリスクは無いということでよろしいでしょうか?

関税等による受取拒否はこれまでありません。

>2.米国でのインポーターライセンスを持っていない業者さんが、.comFBAに直送すると受取拒否される確率が高いというお話を聞いたことがあります。

当社は米国現地法人があります。

>3.中国から米国への直送ですと、.comで売上があがっても日本での消費税還付対象にならない。というお話を聞いたことがあります。 その認識で合っていますでしょうか?

その通りです。
そもそも、中国から米国へ輸出する場合、日本で消費税は支払っていません。
よって、当然還付もありません。

6,000人が読んでいる、成功思考が身につくメルマガ(無料)

偏差値35、時給800円のフリーターだった佐藤大介が、なぜ年収1億円を達成して自由な人生を手に入れられたのか。

このブログでは私がこれまで稼いできた方法はもちろんのこと、今現在手がけているビジネス、生活の質を上げるテクニック、日常の気付きを、無料でどんどんシェアしていますが、その最新情報をピックアップして週1回お届けするのがこのメルマガです。

ここから人生のヒントを得て、あなたも私と同じように、素晴らしい人生を手に入れてください。

今なら受講料トータル49,600円で開催したセミナーの録画ビデオ(ノーカット版)を無料でプレゼント中。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。