複数アカウントにログイン・アカウント閉鎖時に紐付けられないために

いつも本当に重要な情報を頂いており感謝しております。
さて、アカウント保持についてお伺いします。

登録作業の外注化を図ろうと思うのですが、1業者さんが単一のIPアドレスから複数の委託主のアカウントに入り込んで作業をやると仮定した場合、そのうちの1アカウントが閉鎖された場合、紐付けられて他のアカウントまで閉鎖に追い込まれるようです。
これを避けるための対策とは何でしょうか?

ソーホー形態のパートさんに頼むと1PCで複数の作業を請け負うこともあるかと思います。
調べた範囲では、プロ業者さんはIPアドレスをそれぞれのアカウントごとに切り替えるマシンを契約して対策していると聞きました。
テクニカルサポートへのアカウントの質問は窓口違いということで回答されません。
よろしくお願いいたします。

(ペンネーム:シシトレードさん)

注文管理などを外注さんに頼む場合であれば、自分のID、パスワードを渡すのではなく、外注さんのAmazonアカウント(メールアドレス)でログイン出来るようにすればよいですね。

セラーセントラルの右上「設定」の「ユーザー権限」で追加できます。

こうすれば、複数のセラーセントラルにログインしていても、
あくまでもログインしているのは外注さんのAmazonアカウントですから
Amazon側から見ても「注文管理だけを受託している」と認識できます。

よって、紐付けられてアカウント停止になったとしても、
釈明できますね。

しかしながら、それでは一抹の不安を感じてしまう・・・IPを変更したほうが安心だ・・・ということであれば、
こちらを参考にしてください。

6,000人が読んでいる、成功思考が身につくメルマガ(無料)

偏差値35、時給800円のフリーターだった佐藤大介が、なぜ年収1億円を達成して自由な人生を手に入れられたのか。

このブログでは私がこれまで稼いできた方法はもちろんのこと、今現在手がけているビジネス、生活の質を上げるテクニック、日常の気付きを、無料でどんどんシェアしていますが、その最新情報をピックアップして週1回お届けするのがこのメルマガです。

ここから人生のヒントを得て、あなたも私と同じように、素晴らしい人生を手に入れてください。

今なら受講料トータル49,600円で開催したセミナーの録画ビデオ(ノーカット版)を無料でプレゼント中。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。