16,666円未満なら税関スルー? 消費税・関税は無料になる?

お世話になります。

こちらの記事「インボイスに国際送料や買付・検品手数料は記載する(余計な税金を払わないためのインボイス記載)」の中に、

>・インボイスに国際送料が記載されていない場合や、CIFと明記されていない場合でも通関上の問題はありませんが、
> FOB価格として認識されますので、税額の計算時には、税関が判断した送料が適用されます。

とありましたが、この「税関が判断した送料」が適用されるのは、商品代金+運賃が16666円以上の場合でしょうか?

(ペンネーム:F.Tさん)

 

結論から書きますと、
たとえ商品金額が1円でも、商業輸入であれば対象となります。
※商業輸入というのは、個人輸入以外のことです。

ですが、実際の運用としては16,666円未満の場合は、一切免税になることが多いです。
これは名目上「個人使用」として書いているからです。

16,666円という数字はどこから来ているのかというと、
税関のルールで「インボイス価格の60%を商品価格とする」と決まっているからです。
そして、1品目1万円未満は免税とするとも決まっています。

個人使用であれば、販売店から買ったはずで、
その商品の本来価値(卸価格)に対して課税するために、6掛けにしてくるという税関のサービスですね。

16,666円x60%=9,999円ですから、
1万円未満となり、免税となるのです。

税関:少額輸入貨物の簡易税率
http://www.customs.go.jp/tsukan/kanizeiritsu.htm

そして上記に基づけば、
・総額20万円未満の貨物
・1品目あたり1万円未満
・個人使用
の3点を満たせば、関税、消費税ともに免税となります。

しかしここには、送料についての規定はありません。

規定だけ読めば、本来であれば送料は計算されるのですが、
少額で個人使用ということから、
FOB価格やCIF価格などは気にされていないということです。
※一般的には、航空貨物の場合はCIF価格が多いというのもあります。

ですが、
あくまでも「個人使用」が前提です。

商売で輸入した商品であれば、全て課税対象ですので、
たとえ総額20万円未満でも、1品目あたり16,666円未満でも、
消費税も関税も対象になります。
送料の計算もされなくてはいけません。

これを個人使用と偽ったり、
インボイス価格を不当に低くして(アンダーバリュー)逃れた場合は、
後から来ます。

日本では、関税法違反は「重罪」です。
発覚後に過去まで遡って精査・追求されます。

インボイスにはCIF価格を記載することは、
税金を安くするわけではなく、
あくまでも税金を正しく計算するためです。

それと16,666円の壁は、
商業輸入には関係ないということにも留意しましょう。

【無料動画】年収1億円になったターニングポイントとは?


年収1億円になると選択肢が増え、
この現代社会ではとても生きやすくなります。

たとえば私も、
「値札を見ずに、欲しい物は即買いする」
「思い立った好きなときに世界を旅する」
「世界中に飲み友女子をつくる」
「女子高生と結婚する」
「世界各国でタワーマンションを所有する」
など、数々の夢を叶えてきました。

しかし私の学生時代は偏差値35、当然Fラン大学卒です。
なんとかして入れた会社では干され、25歳で時給800円のフリーターに転落。
サラ金から200万円の借金があり、残飯に手を伸ばしたことも・・・

そんな絶望的で惨めな人生を送っていた私が、
どうして年収1億円を達成できたのか。

その【ターニングポイント】を、すべてお伝えします。
ちなみに、寝ながら稼げる、ラクして稼げる系の話ではありませんので、その辺を期待している方はガッカリするので見ないほうがいいです。

学びがたくさん!怒涛の120分間!!(無料)

  

しかし、正攻法で成功したい方はぜひご覧ください。
私の半生から人生のヒントを得て、あなたも私と同じように、素晴らしい人生を手に入れて欲しいと思っています。


今すぐ無料動画を受け取ってください

限定公開動画のため、メールアドレス宛に動画URLをお送りします。期間も限定のため、今を逃すと視聴できない可能性があります。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。