PL保険(製造物損害賠償責任保険)の保険料

以前先生のメールにありました”PL保険”についてです。
気にはなっていたのですが、他の方に頭が行っていて
正直、自分の中の優先順位が低く 頭の片隅においやっていました。

しかし、先日のメールを拝見し、事が起こってからでは遅いと思い
保険の加入を検討する必要があると思いました。

しかしながら、どれくらいの金額がかかるのか、また どういった保険に
入るべきなのか、なかなか検討がつかず ご指導頂けたらと思いメールさせて頂きました。

ちなみに私の今のレベルは 過去30日の販売数 120個 売上20万円ほどです。
今後は加速度的に上がっていく予定です(笑)

お手数おかけします。 よろしくお願い致しいます。

(ペンネーム:rikuさん)

PL保険も「保険」ですので、
リスク度合いによって保険料が異なります。

1年ごとの更新で、
更新時に「販売(輸入)している商品種類」「売上高(直近の決算)」によって計算されます。

私の場合だと家電製品(加湿器や扇風機、ゲーム機など)を売っていたのですが、
前回の更新時にはスーツケースが中心になっていたので、
保険料率が下がりました。

家電よりも、スーツケースのほうが
リスクが低いということですね。

三井住友海上のパンフレットが公開されていますが、
こういう金額は日本ならではというか(笑)、各社横並びですからどこに頼んでも同じです。

資料を見ると分かりますが、
保険料は想像よりとても安いと思います。

ご質問のケースで、月商20万円ですと年商300万円ですから、
最低保険料で済みます。(年間3万円です)
おそらく3000万円でも、年間3〜4万円でしょう。

年間3万円とか4万円で、
「万が一」輸入したものが不良品で、損害が発生したときに
カバーしてくれるのですから、ほんとうに安いものです。

さらに、企業総合賠償責任保険(三井住友海上の商品名は「ビジネスプロテクター」)などもあり、
これはPL保険も含めて個人情報漏洩事故や海外での事故などもカバーされる保険です。
これらも選択肢に入りますね。

また、団体PL保険というのもありまして、
商工会議所や法人会、銀行がやっている懇話会で大抵取り扱っています。
参考:東京商工会議所
保険料が、定価の4割引きくらいになるようですね。

PL保険への加入は、製造者(輸入業者)にとって義務のようなものです。

「三井住友海上」
「損害保険ジャパン日本興亜」
などで検索して、
資料を取り寄せると
近くの代理店が来て見積もりをとってくれます。

見積は無料ですから、
備えておくことをお勧めします。

 

6,000人が読んでいる、成功思考が身につくメルマガ(無料)

偏差値35、時給800円のフリーターだった佐藤大介が、なぜ年収1億円を達成して自由な人生を手に入れられたのか。

このブログでは私がこれまで稼いできた方法はもちろんのこと、今現在手がけているビジネス、生活の質を上げるテクニック、日常の気付きを、無料でどんどんシェアしていますが、その最新情報をピックアップして週1回お届けするのがこのメルマガです。

ここから人生のヒントを得て、あなたも私と同じように、素晴らしい人生を手に入れてください。

今なら受講料トータル49,600円で開催したセミナーの録画ビデオ(ノーカット版)を無料でプレゼント中。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。