メンズ財布を新規出品。被せられないためにはイーウー(義烏)で作るべき?

いつも、お世話になっております。

今の売り上げは、やっと20万になったところですが、そろそろ冬物アパレルは売れ残るといけないので、
メンズ財布を新規に扱おうと思っていますが、タオバオ等で購入するものは財布自体に既にメーカー名かブランド名が表皮か内部に刻印印字されてますので、
amazonでの新規登録のとき、被せられるのを承知でノーブランド登録するしか方法はないでしょうか。

被せられたくなかったら、やはり、イーウ―市場で、ネットで買えないものを探し、出品するしかないのでしょうか。宜しくご指導ください。

(ペンネーム:和龍さん)

転売とは、そういうものなので
被せられるのはやむを得ません。

といいますか、
そもそも自分の商品ではないのですから、
それを小手先テクニックで独占販売するのは考えないほうがいいです。

例えばロゴ入りのカラビナを付けて
セット商品にするとかですね・・・もはや起業家の発想ではないですよ。

起業家は、お客様に喜んでもらうものを創造するのが仕事。
その過程で雇用を生んだり、あるいは利益を上げて納税するのが、存在価値です。

そこを考え誤ると、いつまで経っても成長しません。

それにタオバオで仕入れる程度のロットなら、
ヤフオクで売ったほうがいいですね。

で、売れればオリジナル化しましょう。
さて本題ですが、
アリババでもオリジナル商品を作ることは出来ます。
が、こと財布に関しては、イーウーに来るべきかなと思います。

イーウーに来る人が増えると、
既にやっているうちの会員さんが困るので、
具体的には言いたくありませんが、
財布を中国で作るのに、
なんでイーウー以外の選択肢をとるのか・・・って思いますね。
これは2012年に売ってた「オーストリッチ風長財布」ですが、
ロット300個で、単価は15元(300円)。
ロット感、価格感は現在も同じようなものです。

アマゾンでの販売だと、こんな感じですね。

今だとオーストリッチ風・・・というより、
オーストリッチ自体がトレンドではないので、今なら別のタイプですね。

私の塾生(佐藤塾)でも、
昨年秋にイーウーに来て、
私が仕入れ代金を立て替えて900個、ある人気柄の財布をカスタマイズしてロゴを入れました。

販売から2週間ほど経ちましたが、
今はアマゾンのランキングがグングン伸びてますね。

ロットが300個でも500個でも、いいじゃないですか。
単価が圧倒的に安いんですし、売ればいいんですから。

6,000人が読んでいる、成功思考が身につくメルマガ(無料)

偏差値35、時給800円のフリーターだった佐藤大介が、なぜ年収1億円を達成して自由な人生を手に入れられたのか。

このブログでは私がこれまで稼いできた方法はもちろんのこと、今現在手がけているビジネス、生活の質を上げるテクニック、日常の気付きを、無料でどんどんシェアしていますが、その最新情報をピックアップして週1回お届けするのがこのメルマガです。

ここから人生のヒントを得て、あなたも私と同じように、素晴らしい人生を手に入れてください。

今なら受講料トータル49,600円で開催したセミナーの録画ビデオ(ノーカット版)を無料でプレゼント中。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。