3万円の仕入れ予算。私ならこれで112,000円に増やします

4月から高額コンサルティングを受けながらアマゾン出品を始めました。

7月にはアマゾンの月商が30万円になりましたが禁輸品がかなりあって国際送料がたかくついたりしていまだに利益が出ていません。
100商品扱えば赤字は出ない、200商品でまとまった利益が出るといわれてリサーチを頑張ったのですが、
仕入れてもすぐに半額近く値崩れする商品があり、なかなか商品数が増えません。

このまま続けても商品数を急激に増やすことは難しいので自分の得意なものをメインにしようと思いました。
私の扱っている商品で一つだけすごく売れている商品がありまして、
7月には一晩で12枚ごっそり売れまして在庫切れが無かったら
ひと月で60枚位は売れたのではないかと思います。
アパレルなのですが、
その後同じような種類のものを試験的に仕入れて新規出品しようとしましたが不良品がとても多いのです。

このまま仕入を続けていると不良品の山になりそうなので
やはりアパレルは中国に行って縫製、生地、デザインを直接自分の目で確かめたうえで仕入れないとダメなんだと思いました。

そこでお聞きしたいのですが、

1.初心者が中国現地仕入でアパレルをアマゾンに新規出品することをどう思われるでしょうか。やはりむつかしいでしょうか。
具体的にどういう点がむつかしいのでしょうか。 アマゾンでファッションはあまり売れないのでしょうか。

2.中国仕入をしている方のメルマガを読むと佐藤様のように数年で年商数千万とかを達成されている方がいらっしゃるようですが、
そういう方はいわば商社的に日本でヒットしそうなものを分野にこだわらずに次から次へと見つけておられて、
いわば商才のある方だと思うのですが、
私は商才はありませんし、スポーツだめ、電気製品だめ、フィギュアやアニメだめなので、
自分でわかるのは アパレルやインテリア、家庭用品だけなのです。

それでアパレルをやってみようと思ったのですが、アパレル以上にやってみたいのがインテリアなんです。
テキストのなかで 佐藤様が扱われた商品で 壁掛けの収納棚がありますよね。
ああいう物って 多分アマゾンのランキングでもそんなに上位に入っていないのではないかと思うのですが、アマゾンで売れるのでしょうか。

インテリアはとてもやりたい分野ですが、
アマゾンでもネットショップでもそんなに売れないのではないかと思ってアパレルがうまくいけば次にインテリアをやろうとおもっているのですが、
試験的に船便でああいうインテリアのものを少しずつしいれてみようかとおもっているところです。
初心者ではやはりインテリアを扱うのはむつかしいでしょうか。

3.広州の見本市にいってアパレルだけでなくインテリアの商品もみてみたいのですが、
たとえばいい商品が見つかったとして、アマゾンに出品するのに画像が必要ですよね。
ちいさいものであれば自分で写真をとればいいのですが、アパレルやインテリアとかですとモデルや背景も重要ですので
そのメーカーがホームページ等を持っていて商品画像を載せていればそのまま画像を使えますが、
そうでない場合はアパレルを扱っている方はどうされてるのでしょうか。
(モデルを雇うわけにもいきませんし、この点もアパレルやインテリアを新規出品でやるむつかしさかもしれませんが。。)

長くなりまして申し訳ありません。何かアドバイスをいただけますと大変助かります。よろしくおねがいいたします。

(ペンネーム:erikaさん)

月商30万円ということは、悪い数字ではありません。基本はできていると思います。(基本ができていない人は、月商10万円もいきません)

しかし100商品、200商品と商品数を増やせばいいというのは、私は懐疑的です。
売れるかどうか分からない商品を5個ずつ仕入れて100種類扱うと、500個です。単価500円の仕入れなら「25万円」ですよね。

25万円って、大金です。
もし私がerikaさんで、25万円の予算があれば、これらの商品をやります。
http://www.amazon.co.jp/gp/bestsellers/apparel/2231231051/ref=pd_zg_hrsr_sa_1_3

上記URLはランキングのページですので見る時によって商品は違いますが、概ねこの分野はノーブランド品です。
それを自分の商品にすればいいんです。

例えば、こちらのニット帽子は1日数十個売れています。
http://www.amazon.co.jp/dp/B004REA0PU

このようなものは、イーウーで10元しないでしょう。

念のためアリババを見てみたら、
最小ロットがわずか「3個」で7.9元のものがありました。
http://detail.1688.com/offer/39932730381.html

「デザインが違うじゃーん」と思っちゃ、ダメですよ。^^;
同じじゃなくていいんです。新規登録をして、オリジナル商品にするんですから。
ご質問にもありましたが、新規登録は難しくはありません。誰だってできますし、ランキングを上げさえすれば売れます。

同じ商品が欲しければ、サンプルを買ってイーウーで探せばいいんです。
作ってくれる工場が見つかります。ですが、それを被せてはダメですよ。工場が違ったら、商品も違いますからね。
さて、話を戻しますと・・・
私なら、20色×各10個ずつ、200個仕入れます。
単価が7.6元なら、7.6☓200=1,520元(27,360円/1元:18円計算)です。
1300円で売れば、アマゾン手数料等々の経費を引いて700円が入ってくるとして、560円の手取り利益。200個で112,000円です。

他にもウィッグとかストールなど、教科書にあったように「軽くて・小さくて・壊れにくいもの」がいっぱい並んでいますよね。
これらを5種類仕入れるのに、25万円の予算は十分です。

そこでerikaさんが気にかけているのが不良品ですが、不良品が多いというのは、どう考えたって「代行会社が悪い」です。
中国で買い付けて、不良品があるのは当たり前。問屋や工場は悪くありません。
チャイナ・スタンダードは、不良品30%です。そこを検品して、不良率を落として納品するのが代行会社の役割です。
いい代行さんを見付ければ解決する問題ですから、他も探してみてくださいね。
次に商材ジャンルのことですが、
フィギュアなどは偽物なのでダメなのは分かりますが、スポーツがダメというわけではありません。
あくまで「ノーブランド」にこだわれば、問題ありません。
またアパレルの他にインテリアを気にされていますが、もしインテリアが売れるかどうか不安・・・という場合。
最初は国内仕入れで試してみてはいかがでしょうか。

こういった無在庫販売のサービスもありますから、やってみてから売れるかどうかを判断すればいいと思います。
アマゾンでやっても被せられるので、ネットショップ向きですね。
https://shop.tsuhan-sozai.com/

ネットショップに片っ端から登録をしてセッションを集めつつ、少し売りつつ、
売れたジャンルに自分の輸入商品を混ぜていく・・・というのが、手堅いです。
また、最後のご質問の写真についてですが、モデルを使った写真を撮ればいいのです。
代行会社がモデル写真を手配できないとすれば、そこは使わないほうがいいでしょう。
モデル代の相場は、半日拘束で400-800元です。
約15,000円ですから、例えば10種類の商品を撮影すると考えれば、単価1,500円です。それほど高くはないですね。
最後にまとめですが、
結局のところ、1種類でも1日10個売れる商品があれば、いいんです。手取り利益が@500円なら、1日の利益は5000円、1ヶ月で15万円です。

教科書にもあるように最初のステップは「被せ出品」からはじめますが、経験を積んだらオリジナル商品を作り1日10個売れるように育てましょうね。

6,000人が読んでいる、成功思考が身につくメルマガ(無料)

偏差値35、時給800円のフリーターだった佐藤大介が、なぜ年収1億円を達成して自由な人生を手に入れられたのか。

このブログでは私がこれまで稼いできた方法はもちろんのこと、今現在手がけているビジネス、生活の質を上げるテクニック、日常の気付きを、無料でどんどんシェアしていますが、その最新情報をピックアップして週1回お届けするのがこのメルマガです。

ここから人生のヒントを得て、あなたも私と同じように、素晴らしい人生を手に入れてください。

今なら受講料トータル49,600円で開催したセミナーの録画ビデオ(ノーカット版)を無料でプレゼント中。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。