売れ筋オリジナル商品がノーブランド品にされてしまう

最近アマゾンの規約がかわり、中国輸入商品に簡易的なロゴシールを貼る事や、タグや袋の詰め替えをして自社ブランドとしてうたうことが禁止になった。と聞きました。
これは具体的には被せ防止対策としてロゴステッカー、タグ、などをつけて出品している人たちはどうなるのでしょうか?

オリジナルのパッケージを作って商品を入れて撮影した画像をつくればよいという事なのでしょうか?

またタオバオやアリババの仕入れ先の商品そのものにメーカー名のような英字などがプリントされている物をそのままタイトルに書いて売ることを推奨するということなのでしょうか?

ご回答のほど宜しくお願い申し上げます。

(ペンネーム:FURUTAさん)

「ノーブランド品」の対象となる商品ページが増えましたね。

例えば、タオバオの写真をそのまま使っていたりすると、
足を引っ張る人たちが「この商品は、中国で買えるものをそのまま使っている」とタオバオのURL付きでAmazonに申告したりします。

すると、ある日突然、自分で設定したはずのブランド名が消えて「ノーブランド品」になってしまうのです。
結果、被せられまくり。独占的に販売していて1日20個売れていたものが、ある日突然売れなくなるという事態にもなりえます。

これを防ぐためには、
「あくまでも自社が製造メーカーである」ことをページ上で明らかにしないといけません。

そのために現時点でできる対処としては、

1.タオバオやアリババの写真は使わない
2.パッケージを作る
3.工場と相談してロゴを印字したり若干のカスタマイズをする

などの対応が急務ですね。
>またタオバオやアリババの仕入れ先の商品そのものにメーカー名のような英字などがプリントされている物をそのままタイトルに書いて売ることを推奨するということなのでしょうか?

これは推奨されず、「ノーブランド品」となります。
もしメーカー名を記載する場合、タイトルに「並行輸入品」と記載しなければいけませんね。

売れる商品であれば、
アリババ経由で工場と交渉し、そのメーカー日本総代理店となるのも、手ですね。
いずれにしても、
Amazonの規約はちょこちょこ変わります。

一喜一憂しても仕方ないので、
Amazon以外の販路を作っていきましょう。

6,000人が読んでいる、成功思考が身につくメルマガ(無料)

偏差値35、時給800円のフリーターだった佐藤大介が、なぜ年収1億円を達成して自由な人生を手に入れられたのか。

このブログでは私がこれまで稼いできた方法はもちろんのこと、今現在手がけているビジネス、生活の質を上げるテクニック、日常の気付きを、無料でどんどんシェアしていますが、その最新情報をピックアップして週1回お届けするのがこのメルマガです。

ここから人生のヒントを得て、あなたも私と同じように、素晴らしい人生を手に入れてください。

今なら受講料トータル49,600円で開催したセミナーの録画ビデオ(ノーカット版)を無料でプレゼント中。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。