商標登録出願中の表記をするのは良いのでしょうか

初めまして、非常にためになる教材、心よりお礼申し上げます。

私は、始めたばかりの初心者ですが、相乗り出品ですと5人程出品者がいると商品が届くまでに10人に増えたりと、このビジネスの競争の激しさがわかりました。

初心者のくせに早くも商標登録申請をしたいと思っていますが、既に他の出品者が出しているものは、同じ商品を自分が新たに新規出品ページを作って、そこに商標登録申請中とか商標登録済とかの表示をすることは、だめなのでしょうか。

商標登録以外のパッケージとかの参入障壁を作ることも誰も出品していない商品でしかだめなのですか。わからないことばかりで、宜しくお願い致します。

(ペンネーム:和龍さん)

新規商品ページを作ったとしても、商品が同じであれば他の出品者に相乗りされます。
特にここ最近は、そうなる方が増えていますね。

そこで、新規商品登録をする際には、明らかなオリジナル商品にしなければなりません。
Amazonで販売する場合を想定していると思いますが、この場合はオリジナル商品であれば、商標登録をしていようとしていまいと関係ありません。

もちろん商標登録を出願したのであれば「出願中」と表記すること自体は構いませんが、相乗りを防ぐのであればオリジナル商品にするだけで良いですよね。

物事は複雑に考えず、簡単に考えましょう。

教科書にある通り、
「売れている商品」と似たものを「オリジナル商品」にして「新規商品登録」したうえで、ランキングを上げる・・・ということですね。

【無料動画】年収1億円になったターニングポイントとは?


年収1億円になると選択肢が増え、
この現代社会ではとても生きやすくなります。

たとえば私も、
「値札を見ずに、欲しい物は即買いする」
「思い立った好きなときに世界を旅する」
「世界中に飲み友女子をつくる」
「女子高生と結婚する」
「世界各国でタワーマンションを所有する」
など、数々の夢を叶えてきました。

しかし私の学生時代は偏差値35、当然Fラン大学卒です。
なんとかして入れた会社では干され、25歳で時給800円のフリーターに転落。
サラ金から200万円の借金があり、残飯に手を伸ばしたことも・・・

そんな絶望的で惨めな人生を送っていた私が、
どうして年収1億円を達成できたのか。

その【ターニングポイント】を、すべてお伝えします。
ちなみに、寝ながら稼げる、ラクして稼げる系の話ではありませんので、その辺を期待している方はガッカリするので見ないほうがいいです。

学びがたくさん!怒涛の120分間!!(無料)

  

しかし、正攻法で成功したい方はぜひご覧ください。
私の半生から人生のヒントを得て、あなたも私と同じように、素晴らしい人生を手に入れて欲しいと思っています。


今すぐ無料動画を受け取ってください

限定公開動画のため、メールアドレス宛に動画URLをお送りします。期間も限定のため、今を逃すと視聴できない可能性があります。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。