イーウーでのアパレルOEM

イーウー買付ツアーについてご質問されせていただきます。

アパレル系(服)の商材なのですがOEM化して販売したいと思っております。

現地で見つけてタグを付けて販売したいと考えております。(タオバオやアリババでは見つける事ができませんでした)
もし現地で同じような商品が見つからなかった場合は制作したいと思っています。
複雑なデザインの商品ではありません。

その際は見本となる商品がある場合は持参したほうがよろしいでしょうか。

それとも画像と大まかなサイズがわかれば現物は必要ありませんか。
制作する場合の最低ロット数はどれくらいでしょうか。
教科書には500から1000とありますがデザイン数に応じて交渉は可能でしょうか。

種類は20~30ぐらいあるのですがロット数と金額で検討したいと思っています。
よろしくお願いします。

(ペンネーム:ヨシさん)

現地で探すにしても、作ってもらうにしても、
もし「これぞ」というサンプルがあれば、お持ちになるのをおすすめします。

これはアパレルに限らず、どんな製品でもそうですね。

生産ロット数ですが、
少ないところを探せば、200着でサイズアソート可(例えば5サイズ、各40着ずつ)なども可能ですし、
もしかしたら100着というところもあるかもしれません。

ただ、ロット数・単価よりも最も重視すべきはクオリティですね。
値段ばかり見て「あぁ中国での生産はやっぱり駄目だ」と撤退する人を多く見てきました(というか、最近もよく見ます)。

不良品の山を買ってもソンをするのはヨシさんですから、工場選びは信頼できる貿易会社と組んでしっかり検討しましょう。

6,000人が読んでいる、成功思考が身につくメルマガ(無料)

偏差値35、時給800円のフリーターだった佐藤大介が、なぜ年収1億円を達成して自由な人生を手に入れられたのか。

このブログでは私がこれまで稼いできた方法はもちろんのこと、今現在手がけているビジネス、生活の質を上げるテクニック、日常の気付きを、無料でどんどんシェアしていますが、その最新情報をピックアップして週1回お届けするのがこのメルマガです。

ここから人生のヒントを得て、あなたも私と同じように、素晴らしい人生を手に入れてください。

今なら受講料トータル49,600円で開催したセミナーの録画ビデオ(ノーカット版)を無料でプレゼント中。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。